会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

日本における結節性B細胞リンパ腫--特に東北地方における-- | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Jpn. J. Clin. Oncol..1983 Sep;13(3):577-90.

日本における結節性B細胞リンパ腫--特に東北地方における--

Nodal B-cell lymphomas in Japan--particularly in Tohoku district.

  • H Wakasa
  • M Abe
  • Y Nozawa
PMID: 6606058

抄録

日本の東北地方と九州地方では、悪性リンパ腫の免疫学的表現型の頻度に違いがある。本州北部の東北地方では、B細胞リンパ腫がT細胞リンパ腫よりも優勢である。九州・四国では逆である。B細胞リンパ腫の中では、大細胞型の組織学的びまん性リンパ腫(旧称:小胞体細胞肉腫、組織球性リンパ腫)が最も多い(48%)。免疫グロブリンが細胞表面と細胞質のどちらか一方または両方で産生されるのがB細胞リンパ腫の特徴である。リンパ腫細胞中の細胞質IgMは、主に電子顕微鏡的酵素標識法により検出された。細胞質Igは、核膜と小胞体の両方に存在していた。この方法は、細胞質の縁が薄く、軽微視的な評価が困難な中規模リンパ腫細胞において、特に有用である。濾胞性からびまん性への組織学的移行は、濾胞性リンパ腫では迷路状の細胞結合から、びまん性リンパ腫ではより単純な細胞結合への細胞配列の変化によって特徴づけられる。また、この移行は、濾胞性リンパ腫では中型細胞よりも大型細胞の方がデオキシリボ核酸含量が高いことからも裏付けられている。また、濾胞性リンパ腫から進化したびまん性リンパ腫は、主に大細胞リンパ腫の症例で発生するという仮説を支持するデータでもあります。

There are different frequencies in the immunological phenotypes of malignant lymphomas in Tohoku and Kyushu districts of Japan. In the Tohoku district, the northern area of Honshu, B-cell lymphomas are more preponderant than T-cell lymphomas. This is just the reverse on the islands of Kyushu and Shikoku. Histologically diffuse lymphoma of large cell type, formerly termed reticulum cell sarcoma or histiocytic lymphoma, was the most frequent (48%) among B-cell lymphomas. It is characteristic of B-cell lymphoma that immunoglobulin is produced in either or both the cellular surface and cytoplasm. Cytoplasmic IgM in lymphoma cells was mainly detected by an electron microscopic enzyme-labeled method. Cytoplasmic-Ig was present both in the nuclear membrane and endoplasmic reticulum. This technique is particularly useful in medium-sized lymphoma cells because of the scanty cytoplasmic rim making light microscopic evaluation difficult. Histological transition from follicular to diffuse pattern is characterized by a change of cellular arrangement from labyrinth-like cellular connections in follicular lymphoma to more simple connections in diffuse lymphoma. The transition is also supported by the fact that a higher deoxyribonucleic acid content is observed in large cells than medium-sized cells in follicular lymphoma. The data also supports the hypothesis that a diffuse lymphoma evolved from follicular lymphoma mainly occurs in cases of large cell lymphomas.