国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

昔はもっと健康的な笑顔だった?ドイツ中部の初期新石器時代の農耕社会における齲蝕と食生活 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nutrients.2022 Apr;14(9).

昔はもっと健康的な笑顔だった?ドイツ中部の初期新石器時代の農耕社会における齲蝕と食生活

A Healthier Smile in the Past? Dental Caries and Diet in Early Neolithic Farming Communities from Central Germany.

PMID: 35565796

抄録

歯の健康は、個人の健康状態や食生活と密接な関係がある。この生物考古学的研究は、ドイツ中央部の3つの初期新石器時代の遺跡(紀元前5500-4800年頃)から得られた先史時代の個人(=101)の齲蝕と安定同位体に関するデータを紹介するものである。齲蝕と死前歯喪失(AMTL)を記録し、生物学的性別や死亡時年齢などの生活史特性と関連づけた。さらに、83人から得られた炭素・窒素同位体データとう蝕に関する証拠を関連付け、食事とう蝕の関係を評価した。成人の68.3%において、う蝕病巣が存在し、10.3%の歯が罹患していることが確認された。AMTLを考慮すると、その値は約3%増加する。亜成人の有病率(18.4%)は有意に低く,むし歯は1.8%であった.むし歯の本数は年齢と有意な相関があったが,性別には相関がなかった.同位体比データから、家畜の植物と動物由来のタンパク質からなる雑食性の陸上食であることが示されたが、むし歯の有病率とは相関がなかった。このことは、他の初期新石器時代の遺跡で観察された結果とよく一致するが、ドイツの後期新石器時代および初期青銅器時代の人口とは対照的である。

Dental health is closely linked to an individual's health and diet. This bioarcheological study presents dental caries and stable isotope data obtained from prehistoric individuals ( = 101) from three Early Neolithic sites (c. 5500-4800 BCE) in central Germany. Dental caries and ante-mortem tooth loss (AMTL) were recorded and related to life history traits such as biological sex and age at death. Further, we correlate evidence on caries to carbon and nitrogen isotope data obtained from 83 individuals to assess the relationship between diet and caries. In 68.3% of the adults, carious lesions were present, with 10.3% of teeth affected. If AMTL is considered, the values increase by about 3%. The prevalence of subadults (18.4%) was significantly lower, with 1.8% carious teeth. The number of carious teeth correlated significantly with age but not sex. The isotopic data indicated an omnivorous terrestrial diet composed of domestic plants and animal derived protein but did not correlate with the prevalence of carious lesions. The combined evidence from caries and isotope analysis suggests a prevalence of starchy foods such as cereals in the diet of these early farmers, which aligns well with observations from other Early Neolithic sites but contrasts to Late Neolithic and Early Bronze Age populations in Germany.