国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ポストとコアの生存期間。16年間のレトロスペクティブ・フォローアップ研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Dent.2021 Dec;117:103923.

ポストとコアの生存期間。16年間のレトロスペクティブ・フォローアップ研究

Survival time of post and cores: A 16 year retrospective follow-up study.

PMID: 34953973

抄録

目的:

Balkenholらによるレトロスペクティブ・サバイバル・スタディ(1995年~2004年)[1]。[その結果、当院では、ポスト・コアを用いた治療の決定プロセスに変化をもたらした(ポスト・コアを用いた治療を決定する際には、被せ物の補綴物に特別な注意を払うこと、従来のセメントを用いたトライインの段階では一次摩擦が大きいこと、間接的な製作技術のみを用いること、半貴石合金を用いないこと)。本研究の目的は、これらの変化が生存確率に及ぼす影響を検討することである。

OBJECTIVES: The retrospective survival study (1995-2004) by Balkenhol et al. [1]. led to changes in the decision-making process for treatment with post and cores (special focus on the covering prosthetic restoration while deciding for treatment with post and cores, high primary friction at the try-in stage for conventional cementation, only indirect fabrication technique, no semi-precious alloy) in our clinic. The aim of this study was to examine the influence of these changes on the survival probability.

材料と方法:

観察期間中(2004年~2020年)、653人の患者が合計953個のポストとコアを受けた。患者のファイルは、以下のパラメータによって分析された。被せ物の種類、位置、歯の種類、合着材、ポストとコアの材質、骨の付着、治療者、失敗の原因。前述の研究に基づき、Kaplan-Meyer分析を用いて生存確率を評価した。失敗のリスクを評価し、可能な共変量を特定するためにCox回帰を使用した。

MATERIALS AND METHODS: In the observation period (2004-2020) 653 patients received in total 953 post and cores. The patient files were analysed due to the parameters: Type of covering prosthetic restoration, location, type of tooth, luting material, post and core material, bone attachment, therapist and cause of failure. According to the previous study the survival probability was assessed using Kaplan-Meyer analysis. Cox regression was used to assess the risk of failure and identify possible covariates.

結果:

ポストとコアの平均生存期間は10.9年であった。累積故障率は28.2%であった。生存期間(Kaplan-Meyer分析)に有意な影響を与えるパラメータを見つけることができた。被せ物の種類、位置、歯の種類、ポストとコアの材質、骨の付着状態が生存期間に有意な影響を与えた。多因子生存分析(Cox回帰)では、ポスト装着時の患者の年齢、被せ物の補綴物の種類、骨の付着状態に有意な影響が見られた。

RESULTS: The average survival time of the post and cores was 10.9 years. The cumulative failure rate was 28.2%. A significant influence on the survival time (Kaplan-Meyer analysis) could be found for the parameters: Type of covering prosthetic restoration, location, type of tooth, post and core material and bone attachment. The multifactorial survival analysis (Cox regression) showed a significant influence of the age of the patient at the time of fitting the post, the type of covering prosthetic restoration and the bone attachment.

結論:

意思決定プロセスを変更しても、生存確率の向上にはつながらなかった。

CONCLUSIONS: The changes in the decision-making process did not lead to a better survival probability.

臨床的意義:

前回の研究で述べた結論は十分に厳密なものではなかった。ポストやコアを用いた治療は、補綴物の被覆や骨の付着を基準にして批判的に吟味する必要がある。プライマリークラウンリテインRPDの下のポスト&コアは、生存確率が悪いので避けるべきである。

CLINICAL SIGNIFICANCE: The conclusions stated in the previous study were not strict enough. Treatments with post and cores should be critically scrutinized on the basis of covering prosthetic restoration and bone attachment. Post and cores under primary crown retained RPDs should be avoided because of the bad survival probability.