国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

Benex system IIを用いた無痛性軸性抜歯と従来の抜歯の比較による抜歯後の治癒の評価。無作為化比較試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Saudi Dent J.2021 Dec;33(8):923-928.

Benex system IIを用いた無痛性軸性抜歯と従来の抜歯の比較による抜歯後の治癒の評価。無作為化比較試験

Evaluation of post-extraction healing after atraumatic axial tooth extraction using Benex system II versus conventional extraction: Randomized control trial.

PMID: 34916765

抄録

背景と目的:

抜歯は歯科治療の合併症には欠かせない。最も議論されているテーマの一つが、抜歯後のソケットヒーリングである。Benexシステムは、骨と軟組織の両方を保存しながら歯を垂直に抜歯することで、不要なソケット拡張を引き起こすことなく抜歯を可能にする。

Background and Purpose: Tooth extraction is critical for dental treatment complications. One of the most discussed topics is socket healing after extraction. The Benex system allows extraction without causing unnecessary socket expansion by removing the tooth vertically, preserving both bone and soft tissue.

目的:

Umm Al-Qura大学の患者を対象に、Benex抜歯システムを用いて、術後の治癒兆候、症状、合併症を評価し、従来の抜歯と比較する。

Aim: To assess postoperative healing signs, symptoms, and complications using the Benex extraction system and compare it with conventional extraction among patients at Umm Al-Qura University.

方法:

絶望的な片根歯の患者38人を対象とした。従来の方法で抜歯した群とBenexで抜歯した群の2つに分けた。Benexシステムによる抜歯は、根管にドリルで穴を開けた後、スクリューを挿入して行いました。抜歯器を適切に配置した後、ハンドスクリューを時計回りに回すことで抜歯が行われました。ベースラインでは、傷の大きさを評価した。抜歯後1日目,3日目,7日目に,電話インタビューを行い,痛みの尺度と質問票を用いて,痛みと抜歯後の合併症を評価した。抜歯後2週間と4週間後に、ソケットの治癒と傷の大きさを、ヒーリングインデックスとHO上皮化テストを用いて評価した。

Methods: Thirty-eight patients with hopeless single-rooted teeth were included. They were divided into two equal groups: one in which teeth were extracted using the conventional method and one in which extractions were performed by Benex. The Benex system for tooth extraction was performed by drilling into the root canal, followed by screw insertion. Once the extractor was properly positioned, extraction was accomplished by turning the hand screw clockwise. At baseline, the wound size was evaluated. On days 1, 3, and 7 after extraction, telephone interviews were conducted to evaluate pain and post-extraction complications using a pain scale and questionnaire. Socket healing and wound size were evaluated after 2 and 4 weeks of extraction using the healing index and HO epithelization test.

結果:

Benex抜歯システムは,コントロール群と比較して,軟組織の早期治癒を促進し,痛みと創傷サイズを減少させた。結論Benexシステムは比較的安全で使いやすいものですが、だからといって、ある程度の教育訓練の必要性がなくなるわけではありません。症例を適切に選択し、装置を使用するための知識を持ち、その知識を治療計画に反映させることが、このシステムで成功を収めるための重要な要素である。

Results: The Benex extraction system accelerated early soft-tissue healing and decreased pain and wound size compared with the control group. Conclusion. The Benex system is relatively safe and easy to use, but this does not eliminate the need for a degree of education and training. Proper selection of the case, knowledge of using the device, and implementation of that knowledge in the treatment planning are important factors in ensuring success with this system.