国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

フラットワンブリッジテクニックを用いて、新鮮なソケットと治癒したソケットの両方のインプラント上に設置された固定式フルアーチ補綴物の即時修復:7年間のレトロスペクティブスタディ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Oral Health.2021 Dec;21(1):617.

フラットワンブリッジテクニックを用いて、新鮮なソケットと治癒したソケットの両方のインプラント上に設置された固定式フルアーチ補綴物の即時修復:7年間のレトロスペクティブスタディ

Immediate restoration of fixed full-arch prostheses placed on implants in both fresh and healed sockets using the flat one-bridge technique: a 7-year retrospective study.

PMID: 34861877

抄録

背景:

このレトロスペクティブ研究の目的は、フルアーチの修復物を支える、抜歯後および非抜歯後のインプラントの即時修復を含む外科的・補綴的テクニック(フラットワンブリッジテクニック)の長期的な臨床効果を記録することである。

BACKGROUND: The aim of this retrospective study was to document the long-term clinical efficacy of a surgical-prosthetic technique (the flat one-bridge technique) involving the immediate restoration of both postextraction and nonpostextraction implants supporting full-arch restorations.

方法は以下の通りです。:

インプラントの埋入は、利用可能な骨に軸を合わせて行った。平らな最終支台は手術中に接続され、最終的なインプラントの非平行性を補うために切断されることはありませんでした。また、必要に応じて骨移植を行った。患者は手術後48時間以内にスクリュー・レストレーションによるプロビジョナル・レストレーションを受け、1年以内にスクリュー・レストレーションによる最終補綴物を受けた。

METHODS: Implants were placed by adapting the axis to the available bone. Flat definitive abutments were connected during surgery and never disconnected to compensate for eventual implant disparallelism. Bone grafting was performed when needed. The patients received a screw-retained provisional restoration within 48 h of surgery and a final screw-retained prosthesis within 1 year.

結果:

66名の患者に494本のインプラントが埋入され、75個の補綴物が製作された。観察期間の中央値は86ヵ月(範囲82~168ヵ月)であった。最終フォローアップ時に破損していたインプラントは3本のみであった。インプラントの生存率は99.6%であった。

RESULTS: Sixty-six patients received 494 implants distributed in 75 prostheses. The median follow-up was 86 months (range 82-168 months). Only three implants had failed at the last follow-up. Implant survival was 99.6%.

結論:

flat one bridge prosthetic protocolは、長期的に優れた結果が得られる有効な方法である。抜歯後のインプラントと非抜歯後のインプラントの間に臨床的成功の差は認められなかった。

CONCLUSION: The flat one-bridge prosthetic protocol is a viable procedure with excellent long-term outcomes. No difference in clinical success could be observed between postextractive and nonpostextractive implants.