国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

歯周病とインプラント周囲の病気の予防と治療のためのオランダのガイドラインです | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ned Tijdschr Tandheelkd.2021 Dec;128(12):585-592.

歯周病とインプラント周囲の病気の予防と治療のためのオランダのガイドラインです

[The Dutch guidelines for prevention and treatment of periodontal and peri-implant diseases].

PMID: 34859973

抄録

オランダのガイドライン「インプラント周囲の感染症の診断、予防、治療」では、インプラントを使用している患者の診断、治療、アフターケアに関する推奨事項が記載されています。インプラント後の合併症の予防とタイムリーな治療には、体系的なメンテナンスプログラムが必要です。毎回の経過観察時には、インプラント周囲のポケットの深さとプロービング時の出血をチェックし、少なくとも年に1回はこれらのパラメータを記録する必要があります。インプラント周囲の辺縁骨レベルをモニターし、近似骨量を診断するためには、X線撮影が必要です。インプラント周囲の疾患には、インプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎の2つの形態があります。オランダのガイドライン「Periodontal screening, diagnosis and treatment in the general practice」の重要な部分は、Periodic Periodontal Screening (PPS)です。歯周初期治療は、感染症をなくすための最初の大きなステップです。歯周病治療の最終目標は、浅く(5mm以下)、出血のないポケットを持ち、機能的な歯列と許容できる審美性を備えた清潔で健康な口腔内である。

The Dutch guideline 'Diagnosis, prevention and treatment of peri-implant infections' provides recommendations for diagnosis, treatment, and aftercare of patients with implants. Prevention and timely treatment of complications after implantation requires a structured maintenance programme. At each follow-up appointment, pocket depth and bleeding on probing around the implants should be checked and these parameters should be recorded at least once a year. X-rays are needed to monitor the peri-implant marginal bone level and to diagnose approximal bone loss. Peri-implant diseases may occur in two forms: peri-implant mucositis and peri-implantitis. An important part of the Dutch guideline 'Periodontal screening, diagnosis and treatment in the general practice' is the Periodic Periodontal Screening (PPS). Initial periodontal treatment is the first major step to eliminate infections. The end goal of periodontal treatment is a clean, healthy mouth with shallow (≤ 5 mm), non-bleeding pockets and a functional dentition with acceptable aesthetics.

Diagnostiek, preventie and behandeling van peri-implantsale infecties」は、インプラントを装着した患者の診断、治療、管理のための指針となるものである。インプラントに伴う合併症の発生とその予防には、適切なナゾトキプログラムが必要です。ナゾログプログラムでは、インプラントに隣接したポケットの大きさや吸引力を管理し、1年ごとにこれらのパラメーターを変更します。インプラント周囲の骨折をモニターしたり、おおよその骨折を診断したりするためには、レントゲン撮影が必要です。インプラント周囲の感染症には、インプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎の2つのプロセスがあります。歯周病のスクリーニング、診断、治療の実際」というテーマでは、Periodiek Parodontaal Screenen(PPS)が重要な役割を果たしています。歯周病の治療を開始することは、感染をなくすための最初の重要な手段です。歯槽膿漏治療の目的は、5mm以下の歯槽骨を形成し、ポケットを作らず、歯を機能させることであり、そのためには適切な治療を行う必要があります。

De richtlijn ‘Diagnostiek, preventie en behandeling van peri-implantaire infecties’ geeft aanbevelingen voor diagnostiek, behandeling en nazorg van patiënten met implantaten. Het voorkomen en tijdig behandelen van complicaties na het implanteren vereist een gestructureerd nazorgprogramma. Bij elke nazorgafspraak worden de pocketdiepte en bloeding bij het sonderen rondom de implantaten gecontroleerd en eenmaal per jaar worden deze parameters vastgelegd. Röntgenopnamen zijn nodig om het peri-implantaire marginale botniveau te monitoren en om approximaal botverlies te diagnosticeren. Bij peri-implantaire infecties worden 2 processen onderscheiden: peri-implantaire mucositis en peri-implantitis. Een belangrijk onderdeel van de richtlijn ‘Parodontale screening, diagnostiek en behandeling in de algemene praktijk’ is het Periodiek Parodontaal Screenen (PPS). De initiële parodontale behandeling is de eerste grote stap naar het elimineren van infectie. Het einddoel van parodontale behandeling is een schone, gezonde mond met ondiepe (≤ 5 mm), niet-bloedende pockets en een functionele dentitie met acceptabele esthetiek.