国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

術前の慢性腎臓病は、技術の進歩にもかかわらず、低侵襲腎手術の現代においても治療成績を左右する要因となっている | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int Urol Nephrol.2021 Nov;

術前の慢性腎臓病は、技術の進歩にもかかわらず、低侵襲腎手術の現代においても治療成績を左右する要因となっている

Pre-surgical chronic kidney disease continues to drive outcomes in the modern era of minimally invasive renal surgery, despite advances in technology.

PMID: 34837574

抄録

目的:

低侵襲手術や腎部分切除術が普及している時代に、腎手術を受けた現代のコホートにおいて、術前の慢性腎臓病(CKD)が周術期の罹患率と死亡率に及ぼす影響を評価すること。

PURPOSE: To assess the impact of preoperative chronic kidney disease (CKD) on perioperative morbidity and mortality in a contemporary cohort undergoing renal surgery in an era of increased prevalence of minimally invasive surgery and partial nephrectomy.

方法は以下のとおりです。:

National Surgery Quality Improvement Programのデータセットを照会し、2010年から2018年の間に根治的腎切除術(RN)または腎部分切除術(PN)を受けた患者を特定した。CKD病期は、Cockcroft-Gault式を用いて算出したクレアチニンクリアランスに基づいて割り当てた。多変量ロジスティック回帰を行い、術前のCKD病期が術後の転帰に及ぼす影響を、複数の主要合併症を包含する複合変数を含めて評価した。

METHODS: The National Surgery Quality Improvement Program dataset was queried to identify patients undergoing radical nephrectomy (RN) or partial nephrectomy (PN) between 2010 and 2018. CKD staging was assigned based on creatinine clearance calculated using the Cockcroft-Gault formula. Multivariable logistic regression was performed to assess the effect of preoperative CKD stage on postoperative outcomes, including a composite variable encompassing multiple major complications.

結果:

腎手術を受けたCKD患者19,545人を対象とした。CKDステージ≧2の場合、周術期の主要合併症の増加が予測され、OR 1.54(95%CI 1.46-1.63)、p<0.01であった。周術期の合併症のリスクは、CKDステージが上がるにつれて直線的に増加した。また、CKDステージが2以上の患者では、30日後の死亡率が高く、OR 1.87(95%CI 1.26-2.48)、p<0.01。手術の種類を調整すると、CKDステージは、RNのみを受けた患者の周術期死亡率と、RNとPNを受けた患者の周術期合併症を予測した。

RESULTS: We analyzed 19,545 patients with CKD undergoing renal surgery. CKD stage ≥ 2 predicted an increase in major perioperative complications, OR 1.54 (95% CI 1.46-1.63); p < 0.01. The risk of perioperative morbidity increased linearly with increasing CKD stage. Patients with CKD stage > 2 also demonstrated increased 30-day mortality, OR 1.87 (95% CI 1.26-2.48); p < 0.01. Adjusting for surgery type, CKD staging predicted perioperative mortality in patients undergoing RN only, and perioperative morbidity in RN and PN.

結論:

CKDステージの上昇に伴い、RNおよびPN後の主要な術後合併症のリスクが統計学的に有意に増加することが示された。RNを受けた患者では、CKDのステージが上がるにつれて30日死亡率が上昇することも明らかになった。重要なことは、CKDの病期分類は、手術の種類だけでなく、主要な周術期の転帰を予測する能力があるということである。このように、腎腫瘤の手術を受ける患者において、CKDの病期を手術のリスクに変換するモデルを提供することができました。

CONCLUSIONS: Here, we demonstrate a statistically significant increase in the risk of major postoperative complications following RN and PN with increasing CKD stage. Amongst patients undergoing RN, we also demonstrate increasing 30-day mortality with increasing CKD stage. Importantly, we highlight the ability of CKD staging to predict major perioperative outcomes with greater magnitude of effect than surgery type alone. Thus, we provide a model for translating CKD staging into operative risk amongst patients undergoing surgery for a renal mass.