国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

相対的な引用比率が最も高い根管消毒の論文。1990年から2019年までの書誌学的分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Antibiotics (Basel).2021 Nov;10(11).

相対的な引用比率が最も高い根管消毒の論文。1990年から2019年までの書誌学的分析

Root Canal Disinfection Articles with the Highest Relative Citation Ratios. A Bibliometric Analysis from 1990 to 2019.

PMID: 34827350

抄録

相対引用率(RCR)は、研究論文のインパクトを評価するのに有用な、正規化された論文レベルの指標です。本ビブリオメトリック研究の目的は、根管消毒において、1990年から2019年の期間でRCRが最も高い100の論文を特定して分析し、次に最も引用された上位100の論文と比較することです。横断的な研究を行い,検索戦略((Disinfection AND root canal)AND(("1990/01/01"[Date-Publication]:"2019/12/31"[Date-Publication]))はPubMed(=4294文書)に依拠し,論文データはiCiteデータベースからダウンロードした。RCRが最も高かった100件の論文と、被引用数上位100件の論文を選び、ビブリオメトリックな観点から評価しました。RCR が最も高かった 100 件の論文では、RCR の値は 30 年間で差がありませんでしたが、被引用数には差があり、2000 年から 2009 年が最も多く引用されていました。国別では、米国が最も多く(=30)、次いでブラジル(=14)であった。最も多かった研究デザインは、レビュー(=27)、in vitro(=25)およびex vivo(=24)研究であった。すべてのサブフィールドは、時間の経過とともに変化するものの、よく表現されていました。2010年から2019年にかけては、再生処置と灌漑/消毒技術が優勢であった。RCRの上位100件の論文を考えると、76件が最も引用された100件の論文と共通していた。RCR指標を用いることで、重要なトピックが時系列で変動する研究分野である根管消毒において、影響力のある論文を特定することができました。RCRは、被引用数と比較して、発表から読者にとっての重要性が検出されるまでの時間を短縮し、被引用数に代わる有効な手段となり得る。

The relative citation rate (RCR) is a normalized article-level metric useful to assess the impact of research articles. The objective of this bibliometric study is to identify and analyze, in root canal disinfection, the 100 articles having the highest RCRs in the period 1990-2019, then compare them with the top 100 articles most cited. A cross-sectional study was performed, and the search strategy ((Disinfection AND root canal) AND (("1990/01/01"[Date-Publication]: "2019/12/31"[Date-Publication]))) relied on PubMed ( = 4294 documents), and article data were downloaded from the iCite database. The 100 articles with the highest RCRs and the top 100 cited were selected and evaluated in bibliometric terms. Among the 100 articles with the highest RCRs, there were no differences in the three decades for RCRs values, but there were in citations, being 2000-2009 the most cited. The USA was the predominant country ( = 30), followed by Brazil ( = 14). The most frequent study designs were reviews ( = 27) and in vitro ( = 25) and ex vivo ( = 24) studies. All subfields were well represented, although they varied over time. In 2010-2019, regenerative procedures and irrigation/disinfection techniques were predominant. Considering the RCR's top 100 articles, 76 were common with the 100 most cited articles. Using the RCR metric allowed us to identify influential articles in root canal disinfection, a research field with topics of significance that fluctuate over time. Compared to citations, RCR reduces the time from publication to detection of its importance for the readership and could be a valid alternative to citation counts.