国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

根管治療を受けた歯と受けていない歯、そして男女間の先端歯周炎の有病率。CBCTを用いた横断的な研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Niger J Clin Pract.2021 Nov;24(11):1656-1661.

根管治療を受けた歯と受けていない歯、そして男女間の先端歯周炎の有病率。CBCTを用いた横断的な研究

Prevalence of apical periodontitis between root canal-treated and non-treated teeth and between genders: A cross-sectional CBCT study.

PMID: 34782505

抄録

背景:

歯冠部歯周炎(AP)は、ほとんどすべての歯内療法の予後に関する研究において、最も重要な予後因子のひとつである。歯根膜炎の有病率の高さは様々な集団で報告されている。

Background: Apical periodontitis (AP) is one of the most important prognostic factors in almost all endodontic outcome studies. The high prevalence of AP has been reported in different populations.

目的:

本研究の目的は,サウジアラビアの人口において,コーンビームCT(CBCT)を用いて,(a)すべての永久歯におけるAPの全体的な有病率,(b)APに関連する根管治療(RCT)歯と非治療歯の違い,(c)APに及ぼす性別の影響を調査することである。

Aims: The aim of the present study was to investigate (a) the overall prevalence of AP among all permanent teeth, (b) the differences between root canal-treated (RCT) and non-treated teeth in association with AP, and (c) the influence of gender on AP in a Saudi Arabian population using cone-beam computed tomography (CBCT).

材料と方法:

合計208枚のCBCT X線写真(永久歯5,504本を含む)を調査した。本研究で使用したCBCT装置は,3D Accuitomo 170(森田製作所,日本)で,以下の機能を備えていた。90kV,5-8mA,17.5秒の露光時間,0.25mmのボクセルサイズであった。各歯のアキシャル,コロナル,サジタルの各セグメントのX線写真を取得し,RCT歯およびAPの有無を評価した。データは頻度とパーセントで示した。割合の差の分析には,P<0.05の有意水準でZ検定を用いた.

Materials and Methods: A total of 208 CBCT radiographs (including 5,504 permanent teeth) were investigated. The CBCT machine used in this study was a 3D Accuitomo 170 (Morita, Japan) with the following features: 90 kV, 5-8 mA, 17.5 s exposure time, and 0.25 mm voxel size. The radiographs of the axial, coronal, and sagittal segments of each tooth were acquired to evaluate the presence or absence of RCT teeth and AP. The data were presented as frequencies and percentages. Z test was used to analyze the differences in proportions at the significance level of P < 0.05.

結果:

APの全体的な有病率は4.5%(5,504本の永久歯のうち264本)であった。APは下顎第一大臼歯と上顎第一大臼歯で頻度が高く(それぞれ18.4%と9.3%),上顎歯では有病率が高かった。APは,歯内療法を受けた歯に多く見られ(66.3%,33.7%),非常に有意な差が認められた(P < 0.001).APは男性よりも女性に多く見られたが,統計的に有意な差はなかった(P > 0.05).

Results: The overall prevalence of AP was 4.5% (264 out of 5,504 permanent teeth). AP had the highest frequencies in the mandibular and maxillary first molars (18.4 and 9.3%, respectively) with a higher prevalence in the maxillary teeth. AP was associated with endodontically treated teeth more than the untreated ones (66.3% compared with 33.7%) with a highly significant difference (P < 0.001). AP was more prevalent in females than in males but with no statistically significant difference (P > 0.05).

結論:

APはすべての永久歯において低い有病率(4.5%)であり,RCT歯との関連性が高かった(66.3%).第一大臼歯はAPの有病率が最も高かった。患者のX線写真を診る際には,特にRCT歯でAPを見逃さないように注意する必要がある。

Conclusion: AP had a low prevalence (4.5%) in all permanent teeth and was highly associated with RCT teeth (66.3%). First molars had the highest prevalence of AP. Care must be taken when examining patient radiographs to avoid missing AP, particularly in RCT teeth.