国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

歯冠形成後に露出した象牙質に適用されるレジンコーティングテクニックの臨床評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Dent Mater J.2021 Nov;

歯冠形成後に露出した象牙質に適用されるレジンコーティングテクニックの臨床評価

Clinical assessment of resin-coating technique applied to exposed dentin after crown preparation.

PMID: 34759125

抄録

露出した象牙質の表面を薄膜のコーティング材で覆うレジンコーティング法が2019年12月に日本の公的医療保険制度で承認された。本研究の目的は、生命歯の歯牙形成後にハイブリッドコートⅡ(HCⅡ)を用いたレジンコーティング法で治療した臨床例を評価することである。9つの歯科医院を受診した患者の134症例を臨床記録から検討した。治療前,治療中,治療後,およびリコール時の症例の臨床症状を評価した.レジンコーティングは,HC IIを用いた単回塗布(86.6%),またはHC IIと流動性レジン合成物を併用した塗布(13.4%)のいずれかで行われた.また,冷水過敏症の症状を伴わない成功率は92.5%(124例)であった。今回の結果から,HC IIによるレジンコーティングは,バイタルティースの歯牙形成において信頼性の高い治療法であることが示された.

The resin-coating technique, in which exposed dentin surfaces are covered using a thin-film coating material, was approved in the Japanese public health insurance system in December 2019. The purpose of this study was to evaluate clinical cases treated using the resin-coating technique with Hybrid Coat II (HC II) after tooth preparation on vital teeth. A total of 134 cases from patients who visited nine dental clinics were examined from the clinical records. Clinical signs and symptoms of cases before, during, and after treatment and at the time of recall were evaluated. The resin-coating was applied as either a single application with HC II (86.6%) or a combined application of HC II and a flowable resin composite (13.4%). The success rate without any symptoms of sensivity to cold water was 92.5% (124 cases). The current results indicated that the resin-coating with HC II is a reliable treatment for the tooth preparation of vital teeth.