国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

薬物関連顎骨壊死のリスクを有する癌患者。MRONJ発症の予測因子を分析する症例と対照研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Med.2021 Oct;10(20).

薬物関連顎骨壊死のリスクを有する癌患者。MRONJ発症の予測因子を分析する症例と対照研究

Cancer Patients at Risk for Medication-Related Osteonecrosis of the Jaw. A Case and Control Study Analyzing Predictors of MRONJ Onset.

PMID: 34682884

抄録

この調査の目的は、薬物関連顎骨壊死(MRONJ)の発症を予測する潜在的な危険因子を特定することであった。MRONJと正の相関を持つ複数の変数の同定を通じて、全身および局所リスク因子の複合分析に基づく統合的なMRONJリスク評価のパラダイムを書くことを目的としています。ゾレドロン酸やデノスマブによる治療を受けたがん患者コホートの特徴を調査し、証明された一連の危険因子の他に、がん治療のための新しい分子の摂取という新しい潜在的危険因子を取り上げた。MRONJの重要な独立した予測因子を特定するために、登録されたデータを単変量および多変量ロジスティック回帰分析に含め、年齢と性別で調整した傾向スコアマッチ法を行った。単変量ロジスティック回帰分析では、ゾレドロン酸および/またはデノスマブの投与回数(OR = 1.03; 95% CI = 1.01-1.05; = 0.008) および化学療法(OR = 0.35; 95% CI = 0.17-0.71; = 0.008) のパラメータが有意に影響することが示された。多重ロジスティック回帰モデルでは、乳がん、多発性骨髄腫、前立腺がんは、肺がんに比べて有意にリスクが高いことが示された。ゾレドロン酸やデノスマブの投与回数(OR = 1.03; 95% CI = 1.01-1.06); -value = 0.03) と新規分子治療への曝露 (OR = 34.74; 95% CI = 1.39-868.11; -value= 0.03) の複合変数に著しい効果が観察された。この結果は、患者中心の医療に照らした個別化予防戦略のために、リスク評価のパラダイムが必要であることを示唆している。

The goal of this investigation was to identify potential risk factors to predict the onset of medication-related osteonecrosis of the jaw (MRONJ). Through the identification of the multiple variables positively associated to MRONJ, we aim to write a paradigm for integrated MRONJ risk assessment built on the combined analysis of systemic and local risk factors. The characteristics of a cohort of cancer patients treated with zoledronic acid and/or denosumab were investigated; beyond the set of proven risk factors a new potential one, the intake of new molecules for cancer therapy, was addressed. Registered data were included in univariate and multivariate logistic regression analysis in order to individuate significant independent predictors of MRONJ; a propensity score-matching method was performed adjusting by age and sex. Univariate logistic regression analysis showed a significant effect of the parameters number of doses of zoledronic acid and/or denosumab (OR = 1.03; 95% CI = 1.01-1.05; = 0.008) and chemotherapy (OR = 0.35; 95% CI = 0.17-0.71; = 0.008). The multiple logistic regression model showed that breast, multiple myeloma, and prostate cancer involved a significantly higher risk compared to lung cancer; a significant effect of the combined variables number of doses of zoledronic acid and/or denosumab (OR = 1.03; 95% CI = 1.01-1.06); -value = 0.03) and exposure to novel molecule treatment (OR = 34.74; 95% CI = 1.39-868.11; -value = 0.03) was observed. The results suggest that a risk assessment paradigm is needed for personalized prevention strategies in the light of patient-centered care.