国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

歯列矯正の歯の移動速度は発情周期で変化するか?動物実験をもとにしたシステマティックレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Oral Health.2021 10;21(1):526.

歯列矯正の歯の移動速度は発情周期で変化するか?動物実験をもとにしたシステマティックレビュー

Does the rate of orthodontic tooth movement change during the estrus cycle? A systematic review based on animal studies.

PMID: 34649543

抄録

背景:

月経中の女性における性ホルモンレベルの変動は、骨代謝に周期的な影響を及ぼすため、歯の移動への影響を理解することは、歯科矯正医にとって有益である。この種の研究は、ヒトでは実用上および倫理上の問題があるが、動物モデルでは有用な情報が得られる可能性がある。我々の目的は、動物における発情周期の異なるステージ間で歯列矯正の歯の移動速度が異なるかどうかという疑問について、入手可能な証拠を系統的に調査することである。

BACKGROUND: As the fluctuation of sex hormone levels in menstruating women results in periodical effects in bone metabolism, understanding the implications for tooth movement could be of benefit to the orthodontist. This type of research presents practical and ethical problems in humans, but animal models could provide useful information. Our objective was to systematically investigate the available evidence on the question whether the rate of orthodontic tooth movement varies between the different stages of the estrus cycle in animals.

研究方法:

2021年2月までに,7つのデータベースで制限のない検索と,関連する研究の参考文献リストの手動検索を行った(Medline[PubMed],CENTRAL[Cochrane Library;Embase,CINAHL,ClinicalTrials.gov,WHO's ICTRAL]の記録を含む)。gov, WHO's ICTRP, KoreaMed, Cochrane Review Groups' Specialized Registers, and records identified by handsearching], Cochrane Database of Systematic Reviews [Cochrane Library], Scopus, Web of Knowledge [including Web of Science Core Collection, KCI Korean Journal Database, Russian Science Citation Index, SciELO Citation Index and Zoological Record], Arab World Research Source [EBSCO] and ProQuest Dissertation and Theses [ProQuest])。検索の対象としたのは,発情周期のさまざまな段階における歯の動きの量を定量的に比較した,あらゆる種の雌の被験者を対象とした前向き対照動物研究です。研究の検索と選択に続いて,関連するデータを抽出し,SYRCLEのRisk of Bias Toolを用いてバイアスのリスクを評価した.

METHODS: Unrestricted searches in 7 databases and manual searching of the reference lists in relevant studies were performed up to February 2021 (Medline [PubMed], CENTRAL [Cochrane Library; includes records from Embase, CINAHL, ClinicalTrials.gov, WHO's ICTRP, KoreaMed, Cochrane Review Groups' Specialized Registers, and records identified by handsearching], Cochrane Database of Systematic Reviews [Cochrane Library], Scopus, Web of Knowledge [including Web of Science Core Collection, KCI Korean Journal Database, Russian Science Citation Index, SciELO Citation Index and Zoological Record], Arab World Research Source [EBSCO] and ProQuest Dissertation and Theses [ProQuest]). Our search focused on prospective controlled animal studies, whose samples included female subjects of any species that were quantitatively comparing the amount of tooth movement in the different stages of the estrus cycle. Following study retrieval and selection, relevant data was extracted, and the risk of bias was assessed using the SYRCLE's Risk of Bias Tool.

結果:

最終的に評価された記録から、3つの研究が組み入れ基準を満たしました。2つの研究はWistar系ラットを対象とし、もう1つの研究は猫を対象としていました。歯の移動は、膨張またはコイルスプリングによって誘発された。歯列矯正による歯の移動の割合は、エストロゲンおよび/またはプロゲステロンのレベルが低い発情周期の段階で増加しました。検索された研究のバイアスのリスクは不明確であると評価された。

RESULTS: From the finally assessed records, 3 studies met the inclusion criteria. Two of the studies experimented on Wistar rats, whereas the other on cats. Tooth movement was induced by expansion or coil springs. The rate of orthodontic tooth movement was increased during the stages of the estrus cycle when oestrogen and/or progesterone levels were lower. The risk of bias in the retrieved studies was assessed to be unclear.

結論:

発情周期におけるホルモンの変化は、歯列矯正の歯の移動速度に影響を与える可能性がある。これらの動物実験の結果は、その翻訳の可能性に関して慎重に対処すべきであるが、より多くの情報が得られるまでは、これらの生理学的変化の影響の可能性を臨床の場で検討することは有用であると思われる。登録はこちらProspero (crd42021158069).

CONCLUSION: Hormonal changes during the estrus cycle may affect the rate of orthodontic tooth movement. Although these animal experiment results should be approached cautiously regarding their translational potential, it could be useful to consider the possible impact of these physiological changes in the clinical setting until more information becomes available. Registration: PROSPERO (CRD42021158069).