国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ダイレクトレストレーションのマイクロリーケージ。バルクフィルと従来のコンポジットレジンの比較:システマティックレビューとメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur J Dent.2021 Aug;

ダイレクトレストレーションのマイクロリーケージ。バルクフィルと従来のコンポジットレジンの比較:システマティックレビューとメタアナリシス

Microleakage of Direct Restorations. Comparisonbetween Bulk-Fill and Traditional Composite Resins:Systematic Review and Meta-Analysis.

PMID: 34450679

抄録

バルクフィルコンポジットが製造されて以来、臼歯部の直接保存修復に使用されるようになりました。その化学構造は、硬化深度を増加させ、重合収縮を減少させる。このようにして、バルクフィルコンポジットは、4mmの単層で埋入することができ、治療時間が大幅に短縮される。このシステマティックレビューとメタアナリシスの目的は,バルクフィルと従来のコンポジットレジンを用いた直接修復物のマイクロリーケージのリスクを評価することである。2006年以降に発表されたin vivo研究を対象としました。2006年以降に発表された適格なin vivo研究をレビューし,システマティックレビューとメタアナリシスを行うために,辺縁変色,辺縁適応,および再発齲蝕のアウトカムを考慮した.8つの無作為化臨床試験が分析され,778件の直接修復が行われた.RCTの結果は有意であったが、一貫性のないものであった。マージンの変色と再発カリエスはそれぞれ5.1%と1.4%改善されたが、マージンの適応は6.5%減少した。二次解析の結果、追跡期間、使用した接着システム、評価したう蝕病変のクラスが交絡因子であり、研究間でバイアスのリスクがあることが明らかになった。バルクフィル複合材料は保存歯科治療のための革新的な材料であり、治療ステップや手術時間を短縮するために使用することができる。バルクフィルコンポジットとマイクロリーケージとの関係を探るには十分なデータがなく、さらなる調査が必要である。

Since the bulk-fill composites were produced, there was a progressive diffusion of their use for direct conservative treatment in posterior teeth. Their chemical structure increases the depth of cure and decreases the polymerization contraction; in this manner, bulk-fill composites can be placed in 4 mm single layers and the treatment times are considerably reduced. However, aesthetic and mechanical properties and impact on microleakage of bulk-fill resins are still unclear.This systematic review and meta-analysis aimed to assess the risk of microleakage of direct posterior restorations made of bulk-fill versus conventional composite resins.Researches were performed on PubMed and Scopus databases. Eligible in vivo studies, published since 2006, were reviewed. Outcomes of marginal discoloration, marginal adaptation, and recurrent caries were considered to conduct the systematic review and meta-analysis. Secondary data were examined to implement additional analysis and assess the risk of bias.Eight randomized clinical trials were analyzed, involving 778 direct restorations. The summary of RCTs led to significant but inconsistent results; the marginal discoloration and recurrent caries were found to be improved respectively by 5.1 and 1.4%, whereas the marginal adaptation was reduced of 6.5%. Secondary analyses revealed that follow-up periods, the adhesive system used and the class of carious lesions evaluated are confounding factors, and they result in a risk of bias across studies.Bulk-fill composites are innovative materials for conservative dentistry and they can be used to reduce treatment steps and duration of operative times. There are insufficient data to explore the relationship between bulk-fill composites and microleakage and further investigations are needed.