国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

RCTにおける2.5%NaOClを用いたダイオードレーザー、超音波活性化、および従来のイリゲーションの抗菌効果の比較:インターベンション(介入)研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Contemp Dent Pract.2021 Jun;22(6):669-673.

RCTにおける2.5%NaOClを用いたダイオードレーザー、超音波活性化、および従来のイリゲーションの抗菌効果の比較:インターベンション(介入)研究

Comparison of Antimicrobial Efficacy of Diode Laser, Ultrasonic Activated and Conventional Irrigation with 2.5% NaOCl during RCT: An Interventional Study.

PMID: 34393125

抄録

目的・目標:

本研究の目的は、単一根管内の obligatory anerobic and facultative anerobic bacteria に対するダイオードレーザー照射、超音波活性化、2.5% NaOCl を用いた従来のイリゲーションの抗菌効果を評価・比較することである。

AIM AND OBJECTIVE: The aim and objective of the study was to evaluate and compare the antimicrobial efficacy of a diode laser irradiation, ultrasonic activated and conventional irrigation with 2.5% NaOCl on obligatory and facultative anaerobic bacteria in single-rooted canals.

材料と方法:

上顎および下顎の単根(単管)前歯を合計60本選択した。最初の微生物サンプル(S1)は、アクセスオープンとワーキングレングス決定後、滅菌したペーパーポイントを用いて採取した。洗浄と形成を行い,器具を交換するたびに2.5%NaOClを2mL使用して灌流を行った。洗浄後,ダイオードレーザーによる消毒(グループ1),2.5%NaOClを用いた超音波洗浄(グループ2),2.5%NaOClを用いた通常の洗浄(グループ3)を行い,2回目の微生物サンプル(S2)を採取した。各培地上で増殖した各タイプのコロニーの特徴を記し、標準的な生化学反応を用いて生物を同定した。

MATERIALS AND METHODS: Total of 60 permanent maxillary and mandibular single-rooted (single canal) anterior teeth were selected. First microbial sample (S1) was collected after access opening and working length determination, using a sterile paper point. Cleaning and shaping were performed, with each instrument change accompanied by irrigation using 2 mL 2.5% NaOCl. After cleaning and shaping, disinfection protocol using diode laser (group1), ultrasonic activated irrigation with 2.5% NaOCl (group 2) and conventional irrigation with 2.5% NaOCl (group 3) was performed and second microbial sample (S2) was obtained. The colony characters of each type of growth on each media were noted and the organisms were identified using standard biochemical reactions.

結果:

培養液からはグラム陽性とグラム陰性の通性嫌気性菌が主に分離された。微生物数の減少は、ダイオードレーザー群が60.92%と最も高く、次いで超音波群が47.22%、最も少なかったのは従来の灌流法と超音波群で37.97%であった。これらの結果は、統計的に有意であり、-値<0.05でした。

RESULT: Gram-positive and gram-negative facultative anaerobe were predominantly isolated from the culture, and the highest reduction of the microbial count was seen in diode laser group with 60.92% followed by the ultrasonic group with 47.22% reduction and least reduction was observed in conventional irrigation with the ultrasonic group with 37.97%. The results were statistically significant with -value <0.05.

結論は以下の通りである。:

ダイオードレーザーによる消毒は,超音波照射群および2.5%NaOClを用いた従来の針による灌注群と比較して,最も高い微生物数の減少を示した。

CONCLUSION: Diode laser disinfection showed the highest reduction of microbial count compared to ultrasonic activated and conventional needle irrigation with 2.5% NaOCl group.

臨床的意義:

この研究は、様々な灌漑方法やプロトコルを賢く選択するのに役立ちます。今回の研究では、ダイオードレーザーが他のものと比較して根管の優れた消毒効果を示した。

CLINICAL SIGNIFICANCE: This study will help us to choose wisely between various irrigating methods and protocols. Diode laser in our study has shown superior disinfection of the root canals compared to others.