国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

片側口唇口蓋裂患者における鼻槽骨成形術前の結果に及ぼす口蓋裂幅の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Craniofac Surg.2021 Jul;

片側口唇口蓋裂患者における鼻槽骨成形術前の結果に及ぼす口蓋裂幅の影響

Effect of Cleft Width on the Outcome of Presurgical Nasoalveolar Molding in Patients With Unilateral Cleft Lip and Palate.

PMID: 34261960

抄録

ABSTRACT:

本研究の目的は,一側口唇口蓋裂(UCLP)患者における裂孔幅(CW)に応じた鼻槽骨成形術(PNAM)の短期的な効果を調べることである.このレトロスペクティブ研究では,PNAMを用いた治療を受けた非症候性UCLPの新生児32名を,CWに基づいて2つの群(A群:CW≦5mm,B群:CW>5mm)に割り付けた.PNAM治療前後(唇の一次手術前)に撮影した標準的な写真を用いて、健常側(NAI-NC)と裂け目側(NAI-C)の鼻孔軸の傾き、コルメラ角(CA)、鼻底の傾き(NBI)、鼻底幅比(NFWR)、耳介高さ比(ABHR)、コルメラ長さ比を測定した。PNAM治療前には、NAI-C、NBI、NFWR、ABHRについて両群間に有意差があり、B群で鼻の変形が大きいことがわかった。PNAM治療後には、CA、NAI-C、NAI-NC、NFWR、コルメラ長比は両群で有意に改善したが、NBIとABHRはB群で有意に悪化した。また、CA、NAI-C、NFWRの改善はB群で有意に大きかった。 CWが大きいとPNAMの結果に悪影響を及ぼすこともあるが、できるだけ早期に開始すれば、鼻の対称性に有利であることがわかった。しかしながら、UCLPのPNAMの結果に対するCWの効果を評価する際には、対称性の認識に関わる鼻唇部のそれらの側面を考慮することが重要である。

ABSTRACT: The purpose of this study was to investigate the short-term effects of presurgical nasoalveolar molding (PNAM) according to cleft width (CW) in patients with unilateral cleft lip and palate (UCLP). In this retrospective study, 32 newborns with nonsyndromic UCLP treated with PNAM were allocated to 2 groups based on CW (group A, CW ≤5 mm; and group B, CW >5 mm). The following measurements were carried out using standardized photographs taken before and after PNAM therapy (before primary lip surgery): nostril axis inclination of healthy (NAI-NC) and cleft sides (NAI-C), columellar angle (CA), nasal base inclination (NBI), nasal floor width ratio (NFWR), alar base height ratio (ABHR), and columellar length ratio. Before PNAM therapy, there were significant differences between the 2 groups with respect to NAI-C, NBI, NFWR, and ABHR, indicating greater deformation of the nose in group B. After PNAM therapy, CA, NAI-C, NAI-NC, NFWR, and columellar length ratio were significantly improved in both the groups, whereas NBI and ABHR significantly worsened in group B. The improvement in CA, NAI-C, and NFWR was significantly greater in group B. Although a larger CW had some negative effects on the outcome of PNAM, it was found to be advantageous for nasal symmetry, if initiated as early as possible. Nevertheless, it is important to consider those aspects of the nasolabial area that are involved in the perception of symmetry when evaluating the effect of CW on PNAM outcomes in UCLP.