国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

マイクロサージャリーにおけるトレーナーの育成。ベトナムのハノイ国立オドント・ストマトロジー病院のサクセスストーリー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Plast Reconstr Surg Glob Open.2021 Jun;9(6):e3637.

マイクロサージャリーにおけるトレーナーの育成。ベトナムのハノイ国立オドント・ストマトロジー病院のサクセスストーリー

Training the Trainers in Microsurgery: A Success Story from Vietnam's Hanoi National Hospital of Odonto-stomatology.

PMID: 34168939

抄録

背景:

マイクロサージェリーは高度な専門技術であり、高度なトレーニングが必要です。これは、ハノイ国立オドント・ストマトロジー病院(NHOS)が、基本的な形成外科のユニットから、大量のサブスペシャルな再建センターへと発展するまでの12年間の経緯を説明したものである。

Background: Microsurgery is a highly specialized skill that requires advanced training. This is a recount of the 12-year development of Hanoi National Hospital of Odonto-Stomatology (NHOS) from a basic plastic surgery unit to a high-volume, subspecialized reconstructive center.

方法:

NHOSの12年間の発展を回顧的に説明し、マイクロサージャリーによる再建の成果を簡単にまとめた。

Methods: We present a 12-year retrospective account of the development of NHOS with a brief summary of microsurgical reconstructive outcomes.

結果:

2008年から2020年にかけて、NHOSは様々な上顎骨欠損の再建のために665のマイクロサージャリーフラップを実施した。開拓段階(2008年~2011年)では、手術用顕微鏡がなく、5つのフリーフラップがすべて失敗した。ハノイの108軍病院から顕微鏡と指導を受けた後、遊離腓骨フラップによる下顎骨欠損の再建は85%の成功率でした。成長期(2012年~2015年)では、軟部組織を必要とするより複雑な欠損部の再建が進み、成功率は98.7%となった。成熟期(2016年~2020年)では、台湾のE-Da病院とオペレーションスマイルのチャリティープログラムの支援を受けて、頭頸部の悪性がん患者にサブスペシャリティな治療を提供するために、再建サービスを洗練させることに焦点を当てました。このチャリティ・ミッション・トリップは、手術件数という定量的な目標を達成するのではなく、質の高い教育を促進するように構成されています。そして、99.4%の成功率を達成し、ベトナムの形成外科コミュニティのさらなる教育を開始しました。

Results: From 2008 to 2020, NHOS has performed 665 microsurgical flaps for reconstruction of various maxillomandibular defects. In the pioneering stage (2008-2011), without surgical microscopes, all five free flaps failed. After acquiring a microscope and mentoring from Hanoi's 108 Military Hospital, mandibular bone defect reconstruction with free fibula flaps had 85% success rate. In the growth stage (2012-2015), reconstruction advanced toward more complex defects requiring soft tissue, with a 98.7% success rate. The maturation stage (2016-2020) focused on refinement of reconstructive service to provide subspecialized care for malignant head and neck cancer patients with help from Taiwan's E-Da Hospital and Operation Smile's charity program. The charity mission trips were structured to facilitate good quality teaching rather than hit a quantitative goal of the number of surgeries done. And with a success rate of 99.4%, we have begun further education of the plastic surgery community in Vietnam.

おわりに:

私たちが12年の歳月をかけて、手術件数の多い、専門性の高いマイクロサージャリーセンターに成長したのは、時間と専門知識を提供してくれた多くの国際的な友人たちの惜しみない努力の賜物です。そして、私たちは、持続的な地元への影響を最大化するために、「トレーナーのトレーニング」というコンセプトを採用した慈善活動のミッション・トリップを強く推奨します。

Conclusions: Our rapid 12-year maturation into a high-volume, subspecialized microsurgical center is the embodiment of the generous efforts of many international friends who invested their time and expertise. And we highly recommend charity mission trips to adopt the "training the trainers" concept to maximize lasting, local impact.