国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

Forsus™ FRDアプライアンスを用いたClassII矯正における骨格と歯槽骨の寄与 :定量的評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Orofac Orthop.2021 May;

Forsus™ FRDアプライアンスを用いたClassII矯正における骨格と歯槽骨の寄与 :定量的評価

Skeletal and dentoalveolar contributions during Class II correction with Forsus™ FRD appliances : Quantitative evaluation.

PMID: 33961059

抄録

目的:

本研究の第一の目的は、Forsus™ fatigue resistant device (FRD; 3M Unitek Corp., Monrovia, CA, USA)を用いたsagittal ClassII矯正における骨格および歯槽骨の寄与を定量化し、評価することである。副次的な目的は、Forsus™アプライアンスによる全体的な垂直方向、軟組織、顎と喉の関係の変化を評価することである。

PURPOSE: Primary objective of the study is to quantify and evaluate the skeletal and dental contributions during sagittal Class II correction with the Forsus™ fatigue resistant device (FRD; 3M Unitek Corp., Monrovia, CA, USA). Secondary objective is to evaluate the overall vertical, soft tissue and chin-throat relation changes with the Forsus™ appliance.

患者と方法:

Forsus™ FRDアプライアンスで治療を受けた27人のII度の患者を、年齢と頭蓋顔面形態でマッチさせた20人の未治療の対照者と比較したトロスペクティブなサンプルです。Forsus™使用前(T0)と使用後(T1)のセファログラムを用いて、複合セファロ分析を行った。成長の変化を治療の変化から差し引き、アプライアンスの治療効果を求めた。データはStudent's t-testおよびindependent t-testを用いて分析した。

PATIENTS AND METHODS: A retrospective sample of 27 Class II patients treated with the Forsus™ FRD appliance was compared to 20 untreated control subjects who were matched according to age and craniofacial morphology. Pre-Forsus™ (T0) and Post-Forsus™ (T1) cephalograms were subjected to composite cephalometric analysis. Growth changes were subtracted from the treatment changes to obtain the treatment effects of the appliance. The data were analyzed using Student's t‑test and independent t test.

結果:

29の測定項目のうち16項目で、治療群と対照群の間に有意差が認められた。オーバージェットは4.23mm、臼歯部の関係は4.49mm改善した。これは主に、上顎切歯(1.4mm)と臼歯(1.22mm)の後方移動と、下顎切歯(2.26mm)と臼歯(2.70mm)の前方移動によって達成された。過剰咬合は2.24mm減少し、下顎と鼻面の角度には変化がなかった。

RESULTS: Significant differences were found between the treated and the control group in 16 of 29 measured variables. The overjet and molar relation improved by 4.23 mm and 4.49 mm, respectively. This was mainly achieved by backward movement of maxillary incisors (1.4 mm) and molars (1.22 mm) and forward movement of mandibular incisors (2.26 mm) and molars (2.70 mm). Overbite decreased by 2.24 mm with no changes in mandibular and nasal plane angles.

結論:

フォーサス™FRDは、主に歯槽骨レベルでのII級不正咬合の矯正に有効であった。オーバージェットと臼歯の矯正に対する骨格と歯槽骨の正味の寄与率は、それぞれ13%と87%でした。軟組織のプロフィールと顎-喉の構成の改善は、統計的には重要ではありませんでした。

CONCLUSION: The Forsus™ FRD was effective in correcting Class II malocclusion mainly at the dentoalveolar level. The net skeletal and dentoalveolar contributions towards both overjet and molar correction was 13% and 87%, respectively. The improvement in soft tissue profile and chin-throat configuration was statistically insignificant.

結果のまとめ:

研究の目的:本研究の第一の目的は、自由診療のForsus™-Apparatur (FRD; 3M Unitek Corp., Monrovia/CA, USA)を用いて、サジタルKlasse-II骨格の定量化と評価を行うことである。本研究の目的は、Forsus™-ApparattherapieとVertikalen, Weichgewebes, Kinn-Kehlkopf-Relationの相互関係を明らかにすることである。

ZUSAMMENFASSUNG: ZIELSETZUNG: Primäres Ziel der Studie ist die Quantifizierung und Bewertung des skelettalen und des dentalen Beitrags zur sagittalen Klasse-II-Korrektur mit der ermüdungsfreien Forsus™-Apparatur (FRD; 3M Unitek Corp., Monrovia/CA, USA). Sekundäres Ziel ist es, die Gesamtveränderung der Vertikalen, des Weichgewebes und der Kinn-Kehlkopf-Relation mit der Forsus™-Apparaturtherapie zu bewerten.

患者と方法:

Forsus™-FRD治療を受けた27名のKlasse-II患者のレトロスペクティブな検査結果と、年齢と頭蓋骨の形態が一致した20名の未検査のコントロールプロバンドを比較した。前(T0)および後(T1)のケファログラムは、ケファロメトリックス分析と組み合わせて解析された。症状の変化を把握するために、治療上の変化を除いたものが、このデータである。これらのデータは、Student-t-testおよびunabhäng t-testにより評価された。

PATIENTEN UND METHODEN: Eine retrospektive Stichprobe von 27 Klasse-II-Patienten, die mit der Forsus™-FRD-Apparatur behandelt wurden, wurde mit einer Stichprobe von 20 unbehandelten Kontrollprobanden verglichen, die hinsichtlich Alter und kraniofazialer Morphologie gematcht waren. Prä- (T0) und Post-Forsus™-(T1)-Kephalogramme wurden einer kombinierten kephalometrischen Analyse unterzogen. Wachstumsbedingte Veränderungen wurden von den therapiebedingten Veränderungen subtrahiert, um die Behandlungseffekte der Apparatur zu ermitteln. Die Daten wurden mit dem Student-t- und dem unabhängigen t‑Test ausgewertet.

判定基準:

29項目のうち16項目において、被検者と管理者の間に有意な差が認められました。オーバージェットとミラーリングの関係は4,23mmと4,49mmの差がありました。この結果は、内側のシュナイダー(1,4mm)とモーレン(1,22mm)のRückwärtsbeweggingと、外側のシュナイダー(2,26mm)とモーレン(2,70mm)のVorwärtsbeweggingによってもたらされたものです。オーバーバイトは、下顎と上顎の距離が変わらない場合、約2,24mm減少しました。

ERGEBNISSE: Signifikante Unterschiede zwischen der behandelten und der Kontrollgruppe wurden in 16 von 29 gemessenen Variablen gefunden. Overjet und Molarenrelation verbesserten sich um 4,23 bzw. 4,49 mm. Dies wurde vor allem durch eine Rückwärtsbewegung der oberen Schneidezähne (1,4 mm) und Molaren (1,22 mm) sowie eine Vorwärtsbewegung der unteren Schneidezähne (2,26 mm) und Molaren (2,70 mm) erreicht. Der Overbite verringerte sich um 2,24 mm bei unveränderten Winkeln der Unterkiefer- und Nasenebene.

レンズ交換:

Forsus™-FRDアタッチメントは、Klasse-II-Malokklusion-Korrekturにおいて、西ヨーロッパの歯槽骨の領域で効果を発揮しました。オーバージェットとモーレンの除去にかかるスケルタルとデンタルベアーの差は13%と87%でした。歪んだウェブファイルの改善とキンケルコプフの関係は、統計的には有意ではありませんでした。

SCHLUSSFOLGERUNG: Die Forsus™-FRD-Apparatur war in der Klasse-II-Malokklusion-Korrektur im Wesentlichen auf der dentoalveolären Ebene effektiv. Der skelettale und der dentoalveoläre Nettobeitrag zur Korrektur von Overjet und Molaren betrug 13 bzw. 87%. Die Verbesserung des Weichgewebeprofils und der Kinn-Kehlkopf-Relation war statistisch nicht signifikant.