会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

台湾における口腔内潜在的悪性疾患の悪性化。観察的全国人口データベース研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2021 Mar;100(9):e24934.

台湾における口腔内潜在的悪性疾患の悪性化。観察的全国人口データベース研究

Malignant transformation of oral potentially malignant disorders in Taiwan: An observational nationwide population database study.

PMID: 33655959

抄録

ABSTRACT:

口腔がんは、がん死亡の主要原因の1つであり、その多くは口腔内潜在的悪性疾患(OPMD)が先行している。台湾政府は,無料の口腔がん検診プログラムを開始した.本研究の目的は、OPMDの悪性化率を分析することである。本研究は、全国規模の口腔検診データベースに基づいて行われた。3,362,232人が登録された。2010年から2013年にかけて、白板症、紅板症、口腔粘膜下線維症(OSF)、口腔疣贅過形成(OVH)、口腔扁平苔癬(OLP)と臨床的に診断された患者を特定した。OPMD患者をがん登録データベースで追跡調査し、悪性転化率を解析したところ、悪性転化率は高いものから低いものへと変化しました。OVH>OSF>紅斑>OLP>白斑。悪性転化率は、1,000人年あたり、OVH、OSF、 erythroplakia、Leukoplakia、比較コホートで、24.55、12.76、9.75、4.23、0.60であった。年齢と習慣を調整した後のハザード比は、OPMD群が比較コホート群に比べて8.19倍であった。女性のOPMD患者は、悪性化のリスクが高かった。早期診断のためには、全国的なスクリーニングが非常に重要である。OVHは最も悪性転化の可能性が高かった。女性のOPMD患者は稀ですが、悪性転化率が比較的高いことが分かりました。

ABSTRACT: Oral cancer is one of the leading causes of cancer death, which are mostly preceded by oral potentially malignant disorders (OPMDs). Taiwanese government launched a free oral cancer screening program. The aim of this study was to analyze the malignant transformation rate of OPMDs.This study was based on national-wide oral screening databases. 3,362,232 people were enrolled. Patients clinically diagnosed with leukoplakia, erythroplakia, oral submucosal fibrosis (OSF), oral verrucous hyperplasia (OVH), and oral lichen planus (OLP), from 2010 to 2013, were identified. We followed up OPMD patients in cancer registry databases to analyze the malignant transformation rate.The malignant transformation rates from the highest to the lowest were: OVH > OSF > erythroplakia > OLP > leukoplakia. The malignant transformation rate was 24.55, 12.76, 9.75, 4.23, and 0.60 per 1000 person-years in the OVH, OSF, erythroplakia, leukoplakia, and comparison cohort. The hazard ratio was 8.19 times higher in the OPMD group compared with comparison cohort group, after age and habit adjustment. Female patients with OPMDs had a high risk of malignant transformation.Nationwide screening is very important for early diagnosis. OVH had the highest malignant transformation possibility. Female OPMD patients are a rare but have a relatively high malignant transformation rate.