国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

全身性疾患および自己免疫疾患におけるヒドロキシクロロキン。我々は今どこにいるのか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Joint Bone Spine.2021 05;88(3):105143.

全身性疾患および自己免疫疾患におけるヒドロキシクロロキン。我々は今どこにいるのか?

Hydroxychloroquine in systemic and autoimmune diseases: Where are we now?

PMID: 33515791

抄録

リウマチ治療に用いられる最も古い薬の一つであるヒドロキシクロロキン(HCQ)は、最近、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型の治療に用いられる可能性のある治療薬の一つとして注目されています。HCQは、当初は抗マラリア薬として使用され、その後リウマチ性疾患に転用され、感染症、免疫疾患、糖尿病、脂質異常症、新生物など幅広い病態に使用されてきました。全身性疾患では、HCQは全身性エリテマトーデス(SLE)の主要な治療法であり、最近のヨーロッパのガイドラインでは、禁忌や副作用がない限り、すべてのSLE患者に提案されている。HCQは、SLEにおいて、発生障害、疾患活動性、生存率などのロバストな結果に加え、グルココルチコイドの必要性の減少、新生児ループスのリスクの減少、空腹時血糖値の低下、糖尿病、血栓症リスク、脂質異常症、感染症などに対する保護など、多面的な効果を証明した。さらに、HCQは妊娠中や授乳中にも使用することができます。SLE以外にも、抗リン脂質症候群やシェーグレン病におけるHCQの役割については、まだ議論の余地があります。一方、関節リウマチについては、最近の研究では、特に構造的な損傷の予防ができないため、限られた範囲での使用にとどまっています。他の全身性疾患にHCQを使用することを支持する強力なデータはまだありません。この総説では、リウマチ診療に関連するさまざまな臨床症状におけるHCQの有用性と有効性についてまとめた。

Hydroxychloroquine (HCQ), one of the oldest drugs used in rheumatology, came recently into attention as one of the potential therapies tested for the severe acute respiratory syndrome coronavirus-2 disease treatment. Used initially as an antimalarial, then translated to rheumatic diseases, HCQ has been used in a wide range of pathologies, including infectious diseases, immune disorders, diabetes, dyslipidemia, or neoplasia. Regarding systemic diseases, HCQ is the mainstay treatment for systemic lupus erythematosus (SLE), where, according to last European guidelines, it is proposed to all SLE patients unless contraindicated or with side effects. HCQ proved positive impact in SLE on robust outcomes, such as accrual damage, disease activity and survival, but also pleiomorphic effects, including decrease in the need for glucocorticoids, reduction in the risk of neonatal lupus, lower fasting glucose and protection against diabetes, thrombotic risk, dyslipidemia, infections, etc. Moreover, HCQ can be used during pregnancy and breast-feeding. Besides SLE, the role for HCQ in the anti-phospholipid syndrome and Sjögren's disease is still under debate. On the contrary, recent advances showed only limited interest for rheumatoid arthritis, especially due the lack of structural damage prevention. There are still no strong data to sustain the HCQ use in other systemic diseases. In this review, we summarised the utility and efficacy of HCQ in different clinical conditions relevant for rheumatology practice.