国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

3種類の歯内療法用キレート剤(17%エチレンジアミン四酢酸、1%過酢酸、0.2%キトサン)がガッタパーチャと新しいバイオセラミックシーラー(BioRoot RCS)のプッシュアウト接着強さに及ぼす影響を比較評価した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Conserv Dent.2019 Sep-Oct;22(5):475-478.

3種類の歯内療法用キレート剤(17%エチレンジアミン四酢酸、1%過酢酸、0.2%キトサン)がガッタパーチャと新しいバイオセラミックシーラー(BioRoot RCS)のプッシュアウト接着強さに及ぼす影響を比較評価した

An comparative evaluation of the effect of three endodontic chelating agents (17% ethylenediamine tetraacetic acid, 1% peracetic acid, 0.2% chitosan) on the push out bond strength of gutta percha with a new bioceramic sealer (BioRoot RCS).

PMID: 33082665

抄録

目的:

本研究では、3種類の歯内療法用キレート剤(17%エチレンジアミン四酢酸[EDTA]、1%過酢酸[PAA]、0.2%キトサン)が、新しいバイオセラミックシーラー(BioRoot RCS)を用いたガッタパーチャの押し出し接着強さに及ぼす影響を評価することを目的とする。

Aim: This study aims to evaluate the effect of three endodontic chelating agents (17% ethylenediamine tetra-acetic acid [EDTA], 1% peracetic acid [PAA], 0.2% Chitosan) on the push out bond strength of gutta percha with a new bioceramic sealer (BioRoot RCS).

材料と方法:

片根の下顎前歯48本を選択し,標準的な根の長さが15mmになるように装飾を施した。根管は#30ファイル(Hyflex CM)を用いて準備し,5.25%NaOClを3ml用いて大量に灌流した。最終的な灌流状況に応じて,標本を3つのグループに分けた。グループ1(=16)は0.2%のキトサン,グループ2(=16)は17%のEDTA,グループ3(=16)は1%のPAAを1分間照射した。各群のサンプルはバイオセラミックシーラーとグッタペルカで閉塞し,仮の充填材で封鎖した。各サンプルの中央3分の1の部分から2mmの水平方向のスライスを2枚(=32枚)得た。プッシュアウト接着強さと破壊モードを評価した。Kruskal-Wallis検定とMann-Whitney検定を用いて,プッシュアウト分析を行った.破壊モードの比較にはカイ二乗検定を用いた。統計的有意水準は=0.05とした。

Materials and Methods: Forty-eight single-rooted mandibular premolars were selected and decoronated to obtain standardized root length of 15 mm. The root canals were prepared up to #30 files (Hyflex CM) and copious irrigation was done with 3 ml of 5.25% of NaOCl. According to the final irrigation, specimens were divided into three groups: Group 1 ( = 16) 0.2% chitosan, Group 2 ( = 16) 17% EDTA, and Group 3 ( = 16) 1% PAA for 1 min. Samples from each group were obturated with bioceramic sealer and gutta percha and sealed with temporary filling material. Two horizontal slices of 2 mm was obtained from the middle third of each sample ( = 32). Push out bond strength and failure modes were assessed. Kruskal-Wallis test followed by Mann-Whitney analysis was used for push out analysis. Chi square test was used to compare the modes of failure. The statistical significance level was set at = 0.05.

結果:

グループ1(0.2%キトサン)で最も高いプッシュアウト接着強さが得られ,次いでグループ3(1%PAA)であった。グループ2(17%EDTA)はグループ1(0.2%キトサン)およびグループ3(1%PAA)と比較して最も低いプッシュアウト接着強さを示した。また,破損モードはすべてのグループで主に凝集性であった。

Results: The highest push out bond strength was obtained with Group 1 (0.2% chitosan) followed by Group 3 (1% PAA). Group 2 (17% EDTA) showed least push out bond strength when compared to Group 1 (0.2% chitosan) and Group 3 (1% PAA). The mode of failure was mainly cohesive for all groups.

おわりに:

BioRoot RCSのプッシュアウト接着強さは,0.2%キトサン処理後に最も高く,EDTA処理後に最も低くなった。また,1%PAA処理もBioRoot RCSの押し出し接着強さに好影響を与えた。

Conclusions: The highest push-out bond strength of BioRoot RCS was seen after treatment with 0.2% chitosan while the least was after EDTA treatment. 1% PAA treatment also favorably affected push-out bond strength of BioRoot RCS.