国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

抜歯したばかりの欠損部に即時にインプラントを埋入するための新しい方法です | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Oral Maxillofac Implants.2020 Jul/Aug;35(4):799-807.

抜歯したばかりの欠損部に即時にインプラントを埋入するための新しい方法です

A Novel Method for Immediate Implant Placement in Defective Fresh Extraction Sites.

PMID: 32724934

抄録

目的:

本研究では、欠陥のある新鮮な抜歯窩に即時にインプラントを埋入するための新しい治療プロトコルを評価した。

PURPOSE: This study assessed a novel treatment protocol for immediate implant placement in defective fresh extraction sockets.

材料と方法:

12本の新鮮な抜歯窩を、顔面の骨が無傷のものと欠損しているものの2つのグループに分け、シングルアーム臨床研究を行った。絶望的な歯を経鼻的に抜歯し、粘膜歯肉接合部の3~4mm先端に前庭アクセスの水平切開を行い、ソケットの唇側開口部から粘膜骨膜トンネルを形成し、ゆっくりと吸収するメンブレンシールドをトンネルの下に安定させ、サージカルガイドを用いてインプラントを埋入し、上皮下結合組織グラフトを採取してメンブレンシールドの上に固定しました。最終的な修復物は、術後3ヵ月目に提供された。ベースライン時、6ヵ月後、13ヵ月後にコーンビームCT(CBCT)スキャンを行い、顔面骨の厚みと高さを測定した。ピンクエステティックスコア(PES)は6ヵ月後と13ヵ月後に記録された。

MATERIALS AND METHODS: A single-arm clinical study was conducted including 12 fresh extraction sockets divided into two groups: those with intact and those with a deficient facial plate of bone. Hopeless teeth were atraumatically extracted, a vestibular access horizontal incision was made 3 to 4 mm apical to the mucogingival junction, a mucoperiosteal tunnel was created from the labial orifice of the socket, a slowly resorbing membrane shield was stabilized under the tunnel, implants were placed using a surgical guide, and a subepithelial connective tissue graft was harvested and secured over the membrane shield. Definitive restorations were delivered at 3 months postoperatively. Cone beam computed tomography (CBCT) scans were taken at baseline and after 6 and 13 months to measure facial bone thickness and height. Pink esthetic score (PES) was recorded at 6 and 13 months.

結果:

6ヵ月後の平均±SD顔面骨の厚さは、顔面骨が無傷のソケットでは1.88±0.73mmであったのに対し、ベースラインでは0.76±0.42mm、顔面骨が欠損しているソケットでは2.34±0.78mmであった。78mmであったのに対し、13ヵ月後にはそれぞれ1.84±0.74mm、2.18±0.73mmとなった。6ヵ月後の顔面骨プレートが無傷のソケットと顔面骨プレートが欠損しているソケットでは、顔面骨の頂上がインプラントのプラットフォームと一致していたが、13ヵ月後には、顔面骨プレートが欠損しているソケットの距離は0.20±0.13mmに増加した。6ヵ月後と13ヵ月後のPESの平均値は、両群とも最高得点14点中11.33点であった。

RESULTS: At 6 months, the mean ± SD facial bone thickness was 1.88 ± 0.73 mm for sockets with intact facial bone compared to 0.76 ± 0.42 at baseline and 2.34 ± 0.78 mm for sockets with deficient facial bone compared with 0 ± 0 at baseline, whereas at 13 months, the thickness was 1.84 ± 0.74 and 2.18 ± 0.73 mm, respectively. The facial bone crest coincided with the implant platform in sockets with an intact facial bone plate and those with a deficient facial bone plate at 6 months, whereas at 13 months, the distance for sockets with a deficient facial bone plate increased to 0.20 ± 0.13 mm. The mean PES at 6 and 13 months was 11.33 for both groups out of a maximum score of 14.

結論:

提案された手法は、低侵襲治療でありながら、予測可能な審美的結果をもたらし、無傷の顔面骨プレートおよび欠損した顔面骨プレートのソケットに即時にインプラントを埋入することができました。

CONCLUSION: The proposed technique provided a minimally invasive treatment with predictable esthetic outcome allowing immediate implant placement in sockets with intact and with deficient facial plates.