会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

バイオ医薬品用タンパク質製剤の粘度制御 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Colloid Interface Sci.2020 Jul;580:308-317. S0021-9797(20)30850-X. doi: 10.1016/j.jcis.2020.06.105.Epub 2020-07-11.

バイオ医薬品用タンパク質製剤の粘度制御

Control of viscosity in biopharmaceutical protein formulations.

  • Mitja Zidar
  • Petruša Rozman
  • Kaja Belko-Parkel
  • Miha Ravnik
PMID: 32688122 DOI: 10.1016/j.jcis.2020.06.105.

抄録

濃縮されたタンパク質溶液の粘度を制御することは未解決の課題であり、最近ではバイオ医薬品、医療、食品、およびその他の用途のためのタンパク質製剤に大きな関連性があります。粘度低下添加剤の添加は、一般に、タンパク質溶液の粘度を変化させるだけでなく、タンパク質の実際の二次/三次構造をも変化させ、これは通常、非常に望ましくなく、バイオ医薬品用途のようなシステムでは毒性さえあり得る。したがって、粘性に影響を与える添加剤と十分なタンパク質の安定性の組み合わせの制御を、通常は高タンパク質濃度で確立することができることが重要である。本研究では、異なるタンパク質-タンパク質相互作用を標的とした添加剤を用いて、タンパク質溶液(免疫グロブリンγ型IgGモノクローナル抗体)の粘度プロファイルを制御し、バイオ医薬品に直接関連した操作を実証しました。具体的には、粘度制御とタンパク質凝集の複合研究は、マイクロ流体測定による粘度とサイズ排除クロマトグラフィーによるタンパク質凝集を用いて実施され、凝集データは、熱的および化学的タンパク質変性を介した構造安定性の測定によってさらに補足されます。全粘度への寄与の解剖-立体的、静電的、疎水性、ファンデルワールス-が実行されます。また、IgG溶液の粘度に対する静電相互作用の影響の新しいメカニズムを、流動複屈折下で配向性の調整を受けた電荷を帯びたタンパク質パッチの相互作用に基づいて提案します。より一般的には、異なるコロイド、生物学的、ソフトマテリアルの粘度を理解するための一般的な貢献として、異なるタンパク質システムにおける粘度、力価、安定性の相互作用を制御することを示しています。

Controlling the viscosity of concentrated protein solutions - usually reducing - is an open challenge, with major recent relevance in protein formulations for biopharmaceutical, medical, food, and other applications. The addition of viscosity-reducing additives generally not only changes the viscosity of the protein solutions but also the actual secondary/tertiary structure of the proteins, which is usually highly undesirable, and can be even toxic in systems, such as for biopharmaceutical applications. Therefore, it is of major importance to be able to establish control over the combination of viscosity-affecting additives and adequate protein stability, usually at high protein concentrations. Here, we demonstrate the control and manipulation of the viscosity profile of a selected protein solution (monoclonal antibody of immunoglobulin gamma type IgG) of direct biopharmaceutical relevance, by identifying elementary viscosity contributions via selected additives that target different protein-protein interactions. Specifically, a combined study of viscosity control and protein aggregation is performed with viscosity characterized by microfluidic measurements and protein aggregation by size-exclusion chromatography, where aggregation data is further supplemented with conformational stability measurements via thermal and chemical protein denaturation. A dissection of contributions to total viscosity - steric, electrostatic, hydrophobic, van der Waals - is performed. A novel mechanism of the impact of electrostatic interactions on the viscosity of IgG solutions is proposed based on interacting charged protein patches subjected to orientational alignment under flow birefringence. More generally, we show a control over the interplay of viscosity, potency and stability in a distinct protein system, as a general contribution to understanding the viscosity in different colloidal, biological, and soft materials.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.