会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

麻酔をかけた雌のドーセット交配子羊(Ovis aries)における侵襲的血圧測定値と非侵襲的血圧測定値の比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Res. Vet. Sci..2020 Jul;132:257-261. S0034-5288(20)30917-6. doi: 10.1016/j.rvsc.2020.07.004.Epub 2020-07-15.

麻酔をかけた雌のドーセット交配子羊(Ovis aries)における侵襲的血圧測定値と非侵襲的血圧測定値の比較

Comparison of invasive and non-invasive blood pressure measurements in anesthetized female Dorset cross-bred lambs (Ovis aries).

  • Jenelle Izer
  • Ronald Wilson
PMID: 32688102 DOI: 10.1016/j.rvsc.2020.07.004.

抄録

この研究の目的は、麻酔をかけ、手術をしないで操作した Dorset cross-bred の子羊における侵襲的な血圧測定値と非侵襲的な血圧測定値の一致度を決定することでした。体重37.3±7.4kg(平均±SD)の健康な雌のDorset cross-bred子羊12頭にイソフルラン麻酔をかけ、侵襲的血圧源と非侵襲的オシロメトリック源(O-NIBP)から収縮期動脈圧(SAP)、平均動脈圧(MAP)、拡張期動脈圧(DAP)を同時に測定した。侵襲的血圧測定には大腿動脈をカテーテルで留置し、非侵襲的血圧測定には前腕骨に装着したカフから測定した。SAP、MAPおよびDAP測定間の一致を計算するためにBland-Altman法を使用した。SAP、MAPおよびDAP測定間のバイアス±SDは、それぞれ3.6±12.0、4.9±9.1mmHgおよび4.1±8.0であった。SAP、MAPおよびDAPの95%一致限界は、それぞれ19.9~27.1、-13.0~22.8mmHg、-11.7~19.9であった。全体的に、麻酔をかけたドーセット交配子羊の大腿部IBPとO-NIBPのモニタリング技術の一致は悪く、O-NIBPは大腿部IBPを過小評価していました。イソフルラン麻酔下の子羊では、侵襲的な血圧モニタリング技術を用いて動脈血圧を最も正確に測定する必要があります。

The purpose of this study was to determine the level of agreement between invasive and noninvasive blood pressure measurements in anesthetized, non-surgically manipulated Dorset cross-bred lambs. Twelve healthy female Dorset cross-bred lambs, weighing 37.3 ± 7.4 kg (mean ± SD) underwent isoflurane anesthesia for simultaneous measurement of systolic arterial pressure (SAP), mean arterial pressure (MAP) and diastolic arterial pressure (DAP) from an invasive blood pressure source and a noninvasive oscillometric source (O-NIBP). The femoral artery was catheterized for invasive blood pressure measurements, while noninvasive blood pressure was measured from a cuff placed on the antebrachium. The Bland-Altman method was used to calculate agreement between SAP, MAP and DAP measurements. The bias ± SD between SAP, MAP and DAP measurements was 3.6 ± 12.0, 4.9 ± 9.1 mmHg and 4.1 ± 8.0, respectively. The 95% limits of agreement for SAP, MAP and DAP were - 19.9 to 27.1, -13.0 to 22.8 mmHg, and - 11.7 to 19.9, respectively. Overall, agreement was poor between femoral IBP and O-NIBP monitoring techniques in anesthetized Dorset cross-bred lambs, with O-NIBP underestimating the femoral IBP. Arterial blood pressure should be most accurately measured using an invasive blood pressure monitoring technique in lambs undergoing isoflurane anesthesia.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.