会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

経皮的冠動脈インターベンションを受けたCOVID-19例の臨床的および手技的特徴 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Catheter Cardiovasc Interv.2020 Jul;doi: 10.1002/ccd.29134.Epub 2020-07-20.

経皮的冠動脈インターベンションを受けたCOVID-19例の臨床的および手技的特徴

Clinical and procedural characteristics of COVID-19 patients treated with percutaneous coronary interventions.

  • Zbigniew Siudak
  • Marek Grygier
  • Wojciech Wojakowski
  • Krzysztof P Malinowski
  • Adam Witkowski
  • Mariusz Gąsior
  • Dariusz Dudek
  • Stanisław Bartuś
PMID: 32686899 DOI: 10.1002/ccd.29134.

抄録

背景:

COVID-19パンデミックは世界中の医療システムに影響を与えています。資源はシフトされ、併存疾患を持つCOVID-19以外の患者の安全性を危うくする可能性がある。我々の目的は、国家的なロックダウンとSARS-CoV-2パンデミックがポーランドにおける冠動脈疾患の経皮的治療に与える影響を調査することであった。

BACKGROUND: COVID-19 pandemic has affected healthcare systems worldwide. Resources are being shifted and potentially jeopardize safety of non-COVID-19 patients with comorbidities. Our aim was to investigate the impact of national lockdown and SARS-CoV-2 pandemic on percutaneous treatment of coronary artery disease in Poland.

方法:

経皮的冠動脈処置(血管造影および/または経皮的冠動脈インターベンション[PCI])を受けた患者のデータを、国家ロックダウンの最初の1カ月間の全国PCIデータベース(ORPKI Registry)から2020年3月13日~5月13日のデータを抽出し、2019年の類推期間と比較した。

METHODS: Data on patients who underwent percutaneous coronary procedures (angiography and/or percutaneous coronary intervention [PCI]) were extracted for March 13-May 13, 2020 from a national PCI database (ORPKI Registry) during the first month of national lockdown and compared with analogous time period in 2019.

結果:

ポーランドの心臓カテーテル検査センター163施設のうち、SARS-CoV-2のパンデミックにより無期限または一時的に閉鎖されたのは15施設(9.2%)であった。SARS-CoV-2に感染した医師は9名(544名中9名;1.7%)であった。ポーランドでは、分析期間中に13,750件の心臓病インターベンション手術が行われた。66%の症例で急性冠症候群が診断され、残りの34%では慢性冠症候群の選択的手技であったのに対し、2019年は50%であった(p<.001)。インターベンション循環器センターで治療を受けたCOVID-19確定/疑われる患者は362例(全体の2.6%)で、ST-Elevation Myocardial Infarction(STEMI)と診断された患者は145例(全体の6%)であった。

RESULTS: Of 163 cardiac catheterization centers in Poland, 15 (9.2%) were indefinitely or temporarily closed down due to SARS-CoV-2 pandemic. There were nine physicians (9 of 544; 1.7%) who were infected with SARS-CoV-2. There were 13,750 interventional cardiology procedures performed in Poland in the analyzed time period. In 66% of cases an acute coronary syndrome was diagnosed, and in the remaining 34% it was an elective procedure for the chronic coronary syndrome in comparison to 50% in 2019 (p < .001). There were 362 patients (2.6% of all) with COVID-19 confirmed/suspected who were treated in interventional cardiology centers and 145 with ST-Elevation Myocardial Infarction (STEMI) diagnosis (6% of all STEMIs).

結論:

SARS-CoV-2パンデミックのため、2019年と比較して急性期と選択的の両方のインターベンション処置の数が絶対的に減少し、急性期の処置への大幅なシフトがあった。COVID-19確定/疑われた患者は、手続き的特性とベースライン特性に差はなく、経皮的冠動脈インターベンションで治療された場合、同様の転帰を明らかにしている。

CONCLUSIONS: Due to SARS-CoV-2 pandemic there was an absolute reduction in the number of interventional procedures both acute and elective in comparison to 2019 and a significant shift into acute procedures. COVID-19 confirmed/suspected patients do not differ in terms of procedural and baseline characteristics and reveal similar outcomes when treated with percutaneous coronary interventions.

© 2020 Wiley Periodicals LLC.