会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

慢性シャーガス病における組織ドップラー画像の臨床的意義 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Echocardiography.2020 Jul;doi: 10.1111/echo.14795.Epub 2020-07-20.

慢性シャーガス病における組織ドップラー画像の臨床的意義

Clinical significance of tissue Doppler imaging in chronic Chagas disease.

  • Tomás F Cianciulli
  • María C Saccheri
  • Alonso Papantoniou
  • Nilda G Prado
  • Adelina R Riarte
  • Ricardo J Méndez
  • Javier E Clérici
  • Martin A Beck
  • Jorge A Lax
  • Juan A Gagliardi
PMID: 32686870 DOI: 10.1111/echo.14795.

抄録

はじめに:

シャーガス病(ChD)は、ラテンアメリカの主要な寄生虫疾患の一つである。その心臓病変は最も重要な死因である。本研究の目的は、ドップラー組織画像検査(DTI)が慢性ChD患者における後のイベントの予測値を持つかどうかを評価することである。

INTRODUCTION: Chagas disease (ChD) is one of the main parasitic diseases in Latin-America. Its heart involvement is the most important cause of death. The aim of this study is to evaluate if Doppler Tissue Imaging (DTI) may have a predictive value for later events in subjects with chronic ChD.

方法:

慢性心疾患患者543人のDTI変数を解析し、イベントの予測因子の評価を行った。主要有害心血管イベント(MACE)は、脳卒中、治療抵抗性心不全、持続性心室頻拍、植え込み型除細動器、突然死、心血管死とした。また、心不全、徐脈、心室性不整脈、新たな伝導系異常、新たな心エコー異常を合計イベンズに含めた。イベントを予測するドップラーおよびDTIパラメータを評価するために、ロジスティック回帰を用いた多変量解析を行った。一変量解析でP値≦5の変数は多変量解析に含まれた。

METHODS: we analyses DTI variables of 543 patients with chronic ChD for the evaluation of predicting factors of events. Major adverse cardiovascular events (MACE) were considered as stroke, heart failure resistant to treatment, sustained ventricular tachycardia, implantable cardioverter-defibrillator, sudden death, and cardiovascular death. The following findings were also included in total evens: heart failure, bradycardia, ventricular arrhythmia, new conduction system abnormalities, and new echocardiographic abnormalities. Multivariate analysis with logistic regression was used in order to assess the Doppler and DTI parameters predicting events. Variables with a P-value ≤ .5 in the univariate analysis were included in the multivariate analysis.

結果:

慢性ChD患者において、DTIパラメータの解析により、左室側壁のS'波とE'波がMACEの有意な予測因子であることが示された(OR:0.83;95%CI:0.71~0.96;P値:0.015、OR:0.80;95%CI:0.66~0.98;P値:0.031)。

RESULTS: In patients with chronic ChD, the analysis of DTI parameters showed that S' wave and E' wave of the lateral wall of the left ventricle were significant predictors of MACE (OR: 0.83; 95% CI: 0.71-0.96; P-value: .015 and OR: 0.80; 95% CI: 0.66-0.98; P-value: .031, respectively).

結論:

この研究では、イベントを起こした慢性ChD患者ではDTIのパラメータが有意に低いことがわかりました。さらに、この研究では、低いDTIパラメータであってもイベントの有意な予測因子であることが示された。

CONCLUSIONS: This study found that patients with chronic ChD who had events showed significantly lower parameters in the DTI. What is more, this study showed that even lower DTI parameters are significant predictors of events.

© 2020 Wiley Periodicals LLC.