会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

網膜症の有無にかかわらず,妊娠前糖尿病を有する妊婦における眼科動脈のドップラー指標. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Ultrasound Med.2020 Jul;doi: 10.1002/jum.15393.Epub 2020-07-20.

網膜症の有無にかかわらず,妊娠前糖尿病を有する妊婦における眼科動脈のドップラー指標.

Doppler Indices of the Ophthalmic Artery in Pregnant Women With Pregestational Diabetes Mellitus With and Without Retinopathy.

  • Gizeli de Fátima Ribeiro Dos Anjos
  • Márcia Aires Rodrigues de Freitas
  • Maria Célia Alves Dos Santos
  • Angélica Lemos Debs Diniz
PMID: 32686859 DOI: 10.1002/jum.15393.

抄録

目的:

網膜症のある妊娠前糖尿病の妊婦とない妊婦の眼科ドップラー流速計測パターンを、妊娠間近の妊婦と比較して評価すること。

OBJECTIVES: To evaluate ophthalmic Doppler velocimetry patterns in pregnant women with pregestational diabetes mellitus with and without retinopathy in comparison to pregnant women without gestational intercurrences.

方法:

この横断的観察研究では,網膜症のある糖尿病患者(n = 12),網膜症のない糖尿病患者(n = 85),糖尿病対照群(n = 122)の 3 群の妊婦における,抵抗指数(RI),脈動指数,ピーク収縮期速度,第 2 ピーク収縮期速度,ピーク比,および末期拡張期速度(EDV)を含む眼科動脈のドップラー指標を分析した.統計解析には、95%の確率でKruskal-Wallis検定を用いた。

METHODS: This cross-sectional observational study analyzed Doppler indices of the ophthalmic arteries, including the resistive index (RI), pulsatility index, peak systolic velocity, second peak systolic velocity, peak ratio, and end-diastolic velocity (EDV), in 3 groups of pregnant women: diabetic with retinopathy (n = 12); diabetic without retinopathy (n = 85); and nondiabetic controls (n = 122). The Kruskal-Wallis test was used for the statistical analysis with a probability of 95%.

結果:

網膜症のある妊婦とない妊婦、糖尿病のない対照群の平均妊娠年齢±SDはそれぞれ29.1±2.2、29.7±2.7、31±1.0weeksであり、群間に有意差はなかった(P>.099)。網膜症のある群の平均RIは対照群に比べて有意に高かったが(P = 0.030)、網膜症のない群と比較して有意差はなかった(P = 0.204)。対照群のRIは、網膜症のない群と比較して有意差はなかった(P = 0.079)。EDVは、対照群に比べて網膜症のある群で有意に低かったが(P = 0.015)、網膜症のない群と比較して差はなかった(P = 0.217)。

RESULTS: The mean gestational ages ± SDs of pregnant women with and without retinopathy and nondiabetic controls were 29.1 ± 2.2, 29.7 ± 2.7, and 31 ± 1.0 weeks, respectively, with no significant differences between the groups (P > .099). The mean RI in the group with retinopathy was significantly higher (P = .030) than in the control group, but it did not significantly differ compared to the group without retinopathy (P = .204). The RI in the control group did not differ from that in the group without retinopathy (P = .079). The EDV was significantly lower in the group with retinopathy (P = .015) in relation to the control group, but there were no differences compared to the group without retinopathy (P = .217).

結論:

妊娠前糖尿病と網膜症を有する妊婦では、眼科動脈の血管インピーダンスが増加し、EDVが低下していたが、これはおそらく網膜血管の虚血、血栓症、新生血管化に関連していると考えられる。

CONCLUSIONS: Pregnant women with pregestational diabetes mellitus and retinopathy had increased vascular impedance in the ophthalmic artery together with a reduction in the EDV, which was probably related to ischemia, thrombosis, and neovascularization of retinal vessels.

© 2020 American Institute of Ultrasound in Medicine.