会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

雌犬の尿道括約筋機構不全の管理のための増量剤としての架橋ゼラチンの評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Vet. Intern. Med..2020 Jul;doi: 10.1111/jvim.15857.Epub 2020-07-20.

雌犬の尿道括約筋機構不全の管理のための増量剤としての架橋ゼラチンの評価

Evaluation of cross-linked gelatin as a bulking agent for the management of urinary sphincter mechanism incompetence in female dogs.

  • Hilla Chen
  • Anna Shipov
  • Gilad Segev
PMID: 32686187 DOI: 10.1111/jvim.15857.

抄録

背景:

バルキング剤植込みは、尿道括約筋機構不全(USMI)の管理のための低侵襲な介入である。

BACKGROUND: Bulking agent implantation is a minimally invasive intervention for the management of urethral sphincter mechanism incompetence (USMI).

ヒポテーシス/目的:

USMIと診断された雌犬の尿失禁管理における新規増量剤VetFoamの有効性と安全性を評価する。

HYPOTHESIS/OBJECTIVES: To evaluate the efficacy and safety of the novel bulking agent VetFoam for the management of urinary incontinence in female dogs diagnosed with USMI.

動物:

クライアントが所有する15匹のメス犬。

ANIMALS: Fifteen client-owned female dogs.

方法:

プロスペクティブ研究。USMIと診断された雌犬、難治性、または内科的治療に耐えられないと診断された雌犬を対象とした。VetFoamを内視鏡ガイド下で尿道粘膜下に注入した。尿道粘膜下層にVetFoamを内視鏡的誘導で注入し、処置の前後とその後の月次で失禁スコアを評価した。

METHODS: Prospective study. Female dogs diagnosed with USMI, refractory, or unamenable to medical treatment were included. VetFoam was injected under endoscopic guidance into the urethral submucosa. Continence score was evaluated before and after the procedure and monthly thereafter.

結果:

15匹の犬で22回の注射処置が行われた(5匹は>1回の処置を受けた)。手技時の全犬の年齢中央値は111months(範囲、18-180)であった。投与前と比較して、投与後および投与後のコンチニンスコア中央値は有意に増加した(1.5、範囲1.0~3.5、4.0、範囲1.5~5、P<0.001、効果量2.6)。導通は、最初の処置の後、13/15(87%)の犬で達成され、7/7(100%)の反復処置で達成された。全体では、20/22頭(91%)の処置で最初のフォローアップ時に高い(4以上)排泄スコアが得られました。避妊期間の平均は、最初の注射後11.1ヶ月(SD、10.7)であった。1頭(7%)は自己制限性の絞扼尿、花粉症、テネスムスを発症しましたが、他の犬では他の明らかな副作用は認められませんでした。

RESULTS: Twenty-two injection procedures were performed in 15 dogs (5 dogs underwent >1 procedure). Median age of all dogs at the time of the procedure was 111 months (range, 18-180). Median continence score significantly increased after, compared with before bulking agent injection (1.5; range, 1.0-3.5 versus 4.0; range, 1.5-5 respectively; P < .001; effect size, 2.6). Continence was achieved in 13/15 (87%) dogs after the first procedure and in 7/7 (100%) repeated procedures. Overall, 20/22 (91%) procedures resulted in high (≥4) continence scores at time of first follow-up. Mean duration of continence was 11.1 months (SD, 10.7) after the first injection. One dog (7%) developed self-limiting stranguria, pollakiuria, and tenesmus while no other apparent adverse effects were recognized in the other dogs.

結論と臨床的重要性:

VetFoamは明らかに安全で効果的な新しい増量剤であり、USMIの管理のための代替品として使用することができる。

CONCLUSIONS AND CLINICAL IMPORTANCE: VetFoam is an apparently safe, effective novel bulking agent, which can be used as an alternative for the management of USMI.

© 2020 The Authors. Journal of Veterinary Internal Medicine published by Wiley Periodicals LLC. on behalf of the American College of Veterinary Internal Medicine.