会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

中国人集団における頸動脈内膜切除術とステント留置術。頭蓋外頸動脈狭窄症の再灌流試験の安全性成績 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Transl Stroke Res.2020 Jul;10.1007/s12975-020-00835-8. doi: 10.1007/s12975-020-00835-8.Epub 2020-07-19.

中国人集団における頸動脈内膜切除術とステント留置術。頭蓋外頸動脈狭窄症の再灌流試験の安全性成績

Carotid Endarterectomy and Stenting in a Chinese Population: Safety Outcome of the Revascularization of Extracranial Carotid Artery Stenosis Trial.

  • Bin Yang
  • Yan Ma
  • Tao Wang
  • Yanfei Chen
  • Yinzhou Wang
  • Zhenwei Zhao
  • Dong Chen
  • Jiyue Wang
  • Xiaolin Xu
  • Tao Luo
  • Yang Hua
  • Feng Ling
  • Adnan I Qureshi
  • Bo Hong
  • Liqun Jiao
PMID: 32686047 DOI: 10.1007/s12975-020-00835-8.

抄録

頸動脈内膜摘出術(CEA)と頸動脈ステント留置術(CAS)は頸動脈狭窄症の有効な治療法として確立されているが,中国では全国的な臨床試験がないため,実際の中国での臨床成績はまだ不明である.我々は,中国の頸動脈狭窄症患者を対象に,CEAとCASの安全性プロファイルを評価することを目的とした。The Revascularization of Extracranial Carotid Artery Stenosis trialは、頸動脈狭窄症患者の治療におけるCEAまたはCASの多施設プロスペクティブコホート試験であった。頸動脈狭窄症(50%以上)の症候性または無症候性の患者を対象とした。主要エンドポイントは、術後1ヶ月以内の脳卒中、心筋梗塞および/または死亡であった。全体では、36施設から2719例(CAS治療群1543例、CEA治療群1176例)が登録された。主要転帰は、症候性患者で4.3%(95%CI 3.2~5.6%)、無症候性患者で4.7%(95%CI 3.5~6.3%)であった。症状のある患者(p=0.338)と無症状の患者(p=0.890)では、CASとCEAの間で主要転帰に有意差は認められなかった。また、CEA群と無症状群では、大規模センターと低規模センターの間で有意な差は認められなかった(OR 2.54、95%CI 1.19-5.44、p=0.017)。外科医の裁量で決定されたCEAとCASは、中国の頸動脈狭窄症患者において同等のリスクを有している。センターレベルの監査で合併症率が一貫して低いことが示されるまでは、無症状の患者にはCEAとCASの併用は避けるべきである。中国の頸動脈狭窄症患者に対する医療は改善される必要がある。試験登録。NCT01994187 ( ClinicalTrials.gov )。

Carotid endarterectomy (CEA) and carotid artery stenting (CAS) have been well-established as two effective treatment modalities for carotid artery stenosis, while their clinical outcomes in real-world China are still unknown due to lack of nationwide trials. We aimed to evaluate the safety outcome profile of CEA and CAS in Chinese patients with carotid artery stenosis. The Revascularization of Extracranial Carotid Artery Stenosis trial was a multicentre, prospective cohort study of CEA or CAS in treating patients with carotid artery stenosis. We included symptomatic or asymptomatic patients with carotid artery stenosis (≥ 50%). The primary endpoint was any stroke, myocardial infarction and/or death within 1 month post-procedure. Overall, 2719 cases (1543 CAS-treated patients and 1176 CEA-treated patients) were enrolled from 36 centres. The primary outcome was 4.3% (95% CI 3.2-5.6%) and 4.7% (95%CI 3.5-6.3%) in the symptomatic and asymptomatic patients, respectively. No significant difference in the primary outcome was found between CAS and CEA in both symptomatic (p = 0.338) and asymptomatic (p = 0.890) patients. High- versus low-volume centre significantly related to lower rate of primary outcome in CEA-treated patients (OR 2.54; 95%CI 1.19-5.44; p = 0.017) and asymptomatic patients (OR 2.54; 95%CI 1.42-4.54; p = 0.002). CEA and CAS decided by surgeons' discretion have comparable risks among patients with carotid artery stenosis in China. Both CEA and CAS should be avoided in asymptomatic patients until a consistently low complication rate is showed with centre-level audits. Medical treatment for patients with carotid stenosis in China needs to be improved. Trial registration: NCT01994187 ( ClinicalTrials.gov ).