国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

三次眼科病院における管状裂傷:単冠状ステントを用いた経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rom J Ophthalmol.2020 Apr-Jun;64(2):146-152. RomJOphthalmol-64-146.

三次眼科病院における管状裂傷:単冠状ステントを用いた経験

Canalicular lacerations in a tertiary eye hospital: our experience with monocanalicular stents.

  • Amit Raj
  • Sahil Thakur
  • Kumar Sudesh Arya
  • Prem Kesarwani
  • Upasna Sinha
PMID: 32685780 PMCID: PMC7339683.

抄録

カナルキュラー損傷は一般的にまぶたの外傷で発生します。多くの技術とステントを用いて、管状裂傷を管理することができます。単冠状ステントは、このような症例を管理するためのシンプルで技術的に簡単で費用対効果の高いソリューションを提供している。 これは、2014年1月から2017年9月までに第三次眼科病院に管状裂傷を呈した患者を対象に、レトロスペクティブレビューを行ったものである。手術の時期、損傷の原因、ステント除去の時期、手術成績との関連性などの要因を評価した。さらに、すべてのタイプの管状損傷の管理に単冠動脈ステントを排他的に使用することについて、文献で入手可能な現在のデータをレビューした。 レトロスペクティブな患者ファイルレビュー。 30例の管状動脈損傷の症例を評価した。患者の大多数は男性(24、80%)で、平均年齢は32.11±15.09(4~59)歳であった。受傷形態は、交通事故(RTA)が20例(66.7%)、鋭利な刃物による暴行が8例(26.7%)、犬に噛まれたものが2例(6.6%)であった。平均修復時間は受傷後17.2±9.37(6~36)時間、平均ステント抜去・抜去期間は3.5±0.99(0.5~5)ヵ月であった。症例を修復時期(受傷から24時間以内(21例)と24時間後(9例))に分けた。抜去率は両群でそれぞれ14.3%(3)、44.4%(4)であった。全体の解剖学的成功率は86.7%、機能的成功率は76.7%であった。 全体の失敗率は23.3%(30例中7例)であった。手術の遅れ(24時間以上)と犬に噛まれたことは、単冠動脈ステントを用いた管状動脈修復の予後不良と関連していた。 FDDT = Fluorescein dye disappearance test,SPSS = Statistical Package for Social Sciences,RTA = Road Traffic Accident.

Canalicular injury is commonly encountered in lid trauma. A multitude of techniques and stents are available to manage canalicular lacerations. Monocanalicular stents offer a simple, technically easy and cost-effective solution for managing such cases. This is a retrospective review of the patients presenting with canalicular lacerations to a tertiary eye hospital from January 2014 to September 2017. We evaluated factors like time of surgery, cause of injury, time of stent removal and their association with the surgical outcome. Additionally, we also reviewed the current data available in literature on the exclusive use of monocanalicular stents for the management of all types of canalicular injuries. Retrospective patient file review. We evaluated 30 cases of canalicular injuries in 30 patients. The majority of our patients were males (24, 80%), and the mean age was 32.11±15.09 (4-59) years. The mode of injury was road traffic accidents (RTA) in 20 (66.7%), assault with sharp edged weapons in 8 (26.7%) and dog bite in 2 (6.6%) cases. The mean time of repair was 17.2±9.37 (6-36) hours after injury and the mean time of stent removal/ extrusion was 3.5±0.99 (0.5-5) months. The cases were divided based on time of repair i.e., within 24 hours (21 cases) or after 24 hours (9 cases) from the onset of injury. The extrusion rates were 14.3% (3) and 44.4% (4) respectively in the two groups. Our overall anatomical success rate was 86.7% and functional success rate of 76.7%. Overall failure rate was 23.3% (7 out of 30). Delay in surgery (>24 hours) and dog bites were associated with a poorer prognosis of canalicular repair using monocanalicular stents. FDDT = Fluorescein dye disappearance test, SPSS = Statistical Package for Social Sciences, RTA = Road Traffic Accident.

©Romanian Society of Ophthalmology.