国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

学部実習、評価、フィードバックの条件が異なる2つの医学部における形成的評価の比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
GMS J Med Educ.2020;37(4):Doc41. zma001334. doi: 10.3205/zma001334.Epub 2020-06-15.

学部実習、評価、フィードバックの条件が異なる2つの医学部における形成的評価の比較

Comparison of the evaluation of formative assessment at two medical faculties with different conditions of undergraduate training, assessment and feedback.

  • Katrin Schüttpelz-Brauns
  • Yassin Karay
  • Johann Arias
  • Kirsten Gehlhar
  • Michaela Zupanic
PMID: 32685669 PMCID: PMC7346285. DOI: 10.3205/zma001334.

抄録

形成的評価と総括的評価の両方が医学カリキュラムの中で行われている。学部の研修、評価、フィードバックの状況に応じて、学生は形成的評価を多かれ少なかれ重視しており、その機能が果たされているかどうかは疑問である。本研究では、フレームワークの条件が部分的に異なる2つの医学部において、低得点のフォーマティブ・ベルリン進歩テスト(BPT)がどのように組み込まれているか、それが学生のテスト努力とテストの評価にどのような影響を与えているか、特に同時期の活動への不参加や情緒的障害など、テストの利点と(無形の)コストの認識にどのような影響を与えているかを説明した。 本研究では、2015/16年冬学期の2つの医学部(総サンプル数:N=1,410、N=1,176)のBPT非本気参加者の割合を、テスト自体の未回答数と標準化された尺度を用いたアンケート調査(N=415、N=234)の両方で決定した。さらに、この調査では、知覚されたベネフィットと知覚されたコストについてのオープンな質問を行い、質的・量的手法を用いて分析した。 BPT は一般的に第 2 学部の方が受け入れられている。これは、真面目な受験者の割合が高いこと、知覚コストが低いこと、報告された利益が高いこと、建設的なコメントの割合が高いことからもわかります。第2学部の学生は、形成的テストの原則をよりよく理解し、BPTの結果を自分の知識の進歩、学習意欲、試験への恐怖心の軽減に関するフィードバックとして利用していた。 医学部が形成的評価をカリキュラムに組み込む際には、これらの評価がカリキュラムの重要な一部として認識されるような枠組みを提供しなければならない。そうでなければ、評価が学習過程に付随するという機能を果たすことができるかどうかは疑問である。

Both formative and summative assessments have their place in medical curricula: formative assessment to accompany the learning process and summative assessment to ensure that minimum standards are achieved. Depending on the conditions of undergraduate training, assessment and feedback, students place more or less importance on formative assessment, and thus the fulfilment of its function may be questionable. This study describes how the low-stakes formative Berlin Progress Test (BPT) is embedded at two medical faculties with partially different framework conditions and what effects these have on the students' testing efforts and the evaluation of the test, especially the perception of its benefits and (intangible) costs, such as non-participation in contemporaneous activities and emotional impairments. In this study, the proportion of non-serious BPT participants at two medical faculties (total sample: N=1,410, N=1,176) in winter term 2015/16 was determined both by the number of unanswered questions on the test itself and in a survey using a standardized instrument (N=415, N=234). Furthermore, open questions were asked in this survey about perceived benefits and perceived costs, which were analyzed with qualitative and quantitative methods. The BPT is generally better accepted at Faculty 2. This can be seen in the higher proportion of serious test takers, the lower perceived costs and the higher reported benefit, as well as the higher proportion of constructive comments. Faculty 2 students better understood the principle of formative testing and used the results of the BPT as feedback on their own knowledge progress, motivation to learn and reduction of exam fear. When medical faculties integrate formative assessments into the curriculum, they have to provide a framework in which these assessments are perceived as an important part of the curriculum. Otherwise, it is questionable whether they can fulfil their function of accompanying the learning process.

形成的評価と総括的評価の両方の評価を行うことは、大学の教育課程の中での指導の際に重要な役割を果たしています。勉強、試験、フィードバック試験を経て、形式的な学習の重要性が増し、その継続性が損なわれることがあります。この研究では、2つの医学系学部の2つの試験のうち、重要ではないが関連性のあるformative Progress Test Medizin (PTM)がどのように受験生や受験生の評価に影響を与えているのか、また、受験生のテストの評価や、テストの効果や、その時の状況に応じた(感情的な)価値観にどのような影響を与えているのかを考察した。 この研究では、WS 15/16では、テストの事前調査と標準化された測定器(N=415, N=234)を用いた事前調査が行われたことで、PTMのテストに参加していない受験者の割合が2倍になった(N=1.410, N=1.176)。また、この調査では、質的および量的な分析結果に基づいたコストの評価が行われました。 PTM は第 2 大学の方が高いと考えられる。これは、テストの結果が高い場合の割合の高さ、低い場合の利益の高さ、低い場合のコストの高さ、および高い場合の利益の高さに起因していると考えられています。第2大学の学生は、形式的な測定結果をよりよく理解し、PTMの学習成果を自分の学習意欲を高め、学習意欲を高め、学習意欲を減退させるためのフィードバックとして活用しています。Wennichen Medizische Faktureen in the Curriculum(医学系学部がカリキュラムの中で形成的な指導を行う場合)は、カリキュラムの重要な要素である学習指導要領を策定することが重要である。Ansonsten ist es fraglich, ob sie ihrer Funktion der Begleitung des Lernprozesses gerecht werden können.

Sowohl formative als auch summative Prüfungen haben ihre Berechtigung in medizinischen Curricula: formative Prüfungen zur Begleitung des Lernprozesses und summative Prüfungen zur Sicherung des Erreichens von Mindeststandards. Je nach Studien-, Prüfungs- und Feedbackbedingungen wird formativen Prüfungen durch die Studierenden mehr oder weniger Bedeutung beigemessen und entsprechend kann die Erfüllung ihrer Funktion fraglich sein. In dieser Studie wird beschrieben, wie der nicht-bestehensrelevante formative Progress Test Medizin (PTM) an zwei Medizinischen Fakultäten mit partiell unterschiedlichen Rahmenbedingungen eingebettet ist und welche Auswirkungen diese auf das Testbemühen der Studierenden und die Bewertung des Tests, insbesondere der Wahrnehmung von dessen Nutzen und (immateriellen) Kosten, wie Nicht-Teilnahme an zeitgleichen Angeboten oder emotionale Beeinträchtigungen, haben. In dieser Studie wurde der Anteil der nicht ernsthaften PTM-Teilnehmenden an zwei Medizinischen Fakultäten (Gesamtstichproben: N=1.410, N=1.176) im WS 15/16 sowohl durch die Zahl nicht beantworteter Fragen im Test selbst als auch im Rahmen einer Befragung mit einem standardisierten Instrument (N=415, N=234) bestimmt. Weiterhin wurden in dieser Befragung offene Fragen zum wahrgenommenen Nutzen bzw. den wahrgenommenen Kosten gestellt, welche mit qualitativen und quantitativen Methoden ausgewertet wurden. Der PTM wird an Fakultät 2 insgesamt besser angenommen. Dies zeigt sich in dem höheren Anteil ernsthafter Testteilnehmenden, den niedrigeren wahrgenommenen Kosten und dem höheren berichteten Nutzen sowie dem größeren Anteil an konstruktiven Kommentaren. Studierende der Fakultät 2 haben das Prinzip des formativen Prüfens besser verstanden und nutzen die Ergebnisse des PTM als Feedback über den eigenen Wissensfortschritt, zur Lernmotivation und zur Reduktion von Prüfungsangst. Wenn Medizinische Fakultäten formative Prüfungen in das Curriculum integrieren, müssen sie Rahmenbedingungen schaffen, in denen diese Prüfungen als wichtiger Teil des Curriculums wahrgenommen werden. Ansonsten ist es fraglich, ob sie ihrer Funktion der Begleitung des Lernprozesses gerecht werden können.

Copyright © 2020 Schüttpelz-Brauns et al.