国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

メタロプロテアーゼとシステインプロテアーゼRNA転写物の検出 自然に感染した犬の耳の端の皮膚で | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biomed Res Int.2020;2020:2615787. doi: 10.1155/2020/2615787.Epub 2020-06-24.

メタロプロテアーゼとシステインプロテアーゼRNA転写物の検出 自然に感染した犬の耳の端の皮膚で

Detection of Metalloproteases and Cysteine Proteases RNA Transcripts of in Ear Edge Skin of Naturally Infected Dogs.

  • Laura Barral Veloso
  • Flávia de Oliveira Cardoso
  • Karen Dos Santos Charret
  • Matheus Pereira de Sá Silva
  • Luzia Monteiro de Castro Côrtes
  • Kátia da Silva Calabrese
  • Franklin Souza da Silva
  • Joel Fontes de Sousa
  • Marília Fonseca Rocha
  • Carlos Roberto Alves
PMID: 32685457 PMCID: PMC7333044. DOI: 10.1155/2020/2615787.

抄録

プロテアーゼは、これらの寄生虫の哺乳類宿主への適応成功に寄与する病原性因子として提案されている。これらの酵素は自然感染犬ではあまり研究されていないため,本研究ではメタロプロテアーゼとシステインプロテアーゼの遺伝子発現の違いを明らかにすることを目的とした.本研究では,自然感染犬の耳端皮膚におけるメタロプロテアーゼとシステインプロテアーゼの遺伝子発現の違いを明らかにすることを目的とした.また、耳端皮膚におけるRT-PCRによるプロテアーゼ発現の解析を評価したところ、ポリ症候性イヌのcDNAサンプル中のプロテアーゼの転写物が、オリゴ症候性および無症候性イヌよりも多いことが示唆された。メタロプロテアーゼRT-PCRアッセイでは、評価したすべての犬のcDNAサンプルにおいて202bpの産物が得られた。対照的に、システインプロテアーゼ転写物(227bp)は、無症候性およびオリゴ症候性の犬のcDNAサンプルと比較して、多症候性の犬のcDNAサンプルでより良好に検出されることが示された。予測アッセイは、メタロプロテアーゼmRNAの二次構造が、犬の皮膚温度でシステインプロテアーゼよりも安定であり得ることを示唆した。この寄生虫が犬に自然感染している間、この寄生虫は無症候性、オリゴ症候性、および多症候性の犬の皮膚でメタロプロテアーゼおよびシステインプロテアーゼRNAの転写物を産生するという証拠が提示されている。

spp. proteases have been proposed as virulence factors contributing to adaptive success these parasites to the mammalian hosts. Since these enzymes are poorly studied in naturally infected dogs, this work aims to show the differences in metalloprotease and cysteine proteases gene expression in ear edge skin of dogs naturally infected by . A cohort of dogs ( = 20) naturally infected by was clinically classified as asymptomatic, oligosymptomatic, and polysymptomatic and the parasite load range estimated. The analysis of proteases expression by RT-PCR in the ear edge skin was also assessed, suggesting more transcripts of proteases in cDNA samples from polysymptomatic dogs than oligosymptomatic and asymptomatic ones. Metalloprotease RT-PCR assays yielded products (202 bp) in all assessed cDNA dog samples. In contrast, cysteine proteases transcripts (227 bp) had shown to be better detected in cDNA samples of polysymptomatic dogs, compared with cDNA samples from asymptomatic and oligosymptomatic dogs. Predictive assays suggested that secondary structures of metalloproteasee mRNAs can be more stable than cysteine proteases at the skin temperature of dogs. Evidence is presented that during natural infection of dogs by , this parasite produces transcripts of metalloprotease and cysteine protease RNA in the skin from asymptomatic, oligosymptomatic, and polysymptomatic dogs.

Copyright © 2020 Laura Barral Veloso et al.