国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

対実的な肥満削減シナリオの下での将来の心血管疾患と平均寿命のシミュレーション | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Prev Med Rep.2020 Sep;19:101150. S2211-3355(20)30110-8. doi: 10.1016/j.pmedr.2020.101150.Epub 2020-06-18.

対実的な肥満削減シナリオの下での将来の心血管疾患と平均寿命のシミュレーション

Simulations of future cardiometabolic disease and life expectancy under counterfactual obesity reduction scenarios.

  • Anne Mette Bender
  • Jan Sørensen
  • Astrid Holm
  • Kenneth Simonsen
  • Finn Diderichsen
  • Henrik Brønnum-Hansen
PMID: 32685361 PMCID: PMC7358723. DOI: 10.1016/j.pmedr.2020.101150.

抄録

この研究の目的は、過体重・肥満(OWOB)に対する介入の将来の潜在的な健康影響の評価を意思決定者に提供することでした。DYNAMO-HIAツールを用いて、将来予防される疾患(虚血性心疾患(IHD)、糖尿病、脳卒中、マルチ罹患率)の発生率、有病率、平均余命(LE)をシミュレーションした健康影響評価を実施し、OWOBが25%削減され、肥満が解消されるシナリオに関連しています。研究では、2014~2040 年(n 2040=742,129)の間にデンマークのコペンハーゲンに住んでいる人の予測数を対象とした。25%のOWOBを持つ男性/女性の割合を減らすと、2.4/1.2monthsで人口LEを増加させ、同時に3.1/2.2monthsで糖尿病を持つLEを減少させます。肥満を解消した結果、男女ともLEは6.0/3.6months増加し、糖尿病を伴うLEは9.8/10.3months減少する。IHDと脳卒中を伴うLEには重要な影響は見られなかった。このことは、IHDと脳卒中の発症率に対するOWOBレベルの低下によるプラスの効果が、総LEの増加により相殺されることを示している。コペンハーゲンの人口は比較的痩せているが、肥満レベルを低下させることは、人口の心代謝性健康状態とLEに大きな利益をもたらす。今後の公衆衛生予防プログラムでは、OWOB の減少がもたらす潜在的な影響の参考データとしてこの結果を使用することができる。

The aim of this study was to provide decision makers with an assessment of potential future health effects of interventions against overweight and obesity (OWOB). By means of the DYNAMO-HIA tool we conducted a health impact assessment simulating future prevented disease (ischemic heart disease (IHD), diabetes, stroke, and multi morbidity) incidence, prevalence and life expectancy (LE) related to a scenario where OWOB is reduced by 25% and a scenario where obesity is eliminated. The study covered projected number of persons living in Copenhagen, Denmark during year 2014-2040 (n 2040 = 742,129). Reducing the proportion of men/women with OWOB with 25% will increase population LE by 2.4/1.2 months and at the same time decrease LE with diabetes by 3.1/2.2 months. As a result of eliminating obesity, total LE will increase by 6.0/3.6 months and LE with diabetes will decrease with 9.8/10.3 months for men/women. We found no important effects on LE with IHD and stroke. This illustrates that the positive effects of lowering OWOB levels on IHD and stroke incidence is offset due to increasing total LE. Although the population of Copenhagen is relatively lean, reducing obesity levels will result in significant benefits for population cardiometabolic health status and LE. Future public health prevention programs may use the results as reference data for potential impact of reductions in OWOB.

© 2020 The Authors.