国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

COVID-19が確認された患者の1症例シリーズにおける急性腎障害(コロナウイルス疾患2019).アンジオテンシン変換酵素2とレニン-アンジオテンシン系遮断薬の役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Case Rep Nephrol.2020;2020:8811931. doi: 10.1155/2020/8811931.Epub 2020-06-29.

COVID-19が確認された患者の1症例シリーズにおける急性腎障害(コロナウイルス疾患2019).アンジオテンシン変換酵素2とレニン-アンジオテンシン系遮断薬の役割

Acute Kidney Injury in a Case Series of Patients with Confirmed COVID-19 (Coronavirus Disease 2019): Role of Angiotensin-Converting Enzyme 2 and Renin-Angiotensin System Blockade.

  • Avantika Chenna
  • Venu Madhav Konala
  • Subhasish Bose
  • Sasmit Roy
  • Bhaskar Reddy Madhira
  • Vijay Gayam
  • Srikanth Naramala
  • Sreedhar Adapa
PMID: 32685221 PMCID: PMC7341421. DOI: 10.1155/2020/8811931.

抄録

レニン-アンジオテンシン系は、高血圧、糖尿病、腎・心臓疾患において非常に重要な役割を果たしています。レニン-アンジオテンシン系の遮断は、腎障害や心臓障害の進行を予防する結果をもたらします。COVID-19(コロナウイルス病2019)におけるアンジオテンシン変換酵素阻害薬とアンジオテンシン受容体拮抗薬の安全性については、議論の余地のある仮説が提起されている。呼吸器症状と急性腎障害を呈し、アンジオテンシン変換酵素阻害薬またはアンジオテンシン受容体拮抗薬の投与を受けたCOVID-19が確認された4例(男性2名、女性2名、白人1名、アフリカ系アメリカ人3名、2名生存、2名死亡)の症例シリーズを紹介する。膜結合型アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)は、ウイルスがヒト細胞に侵入する際のゲートウェイとして、感染を引き起こすことが示唆されています。急性腎障害の要因としては,利尿薬,ヨウ素化造影剤の投与,ACE阻害薬以外の血行動態の不安定性,アンジオテンシン受容体拮抗薬などが挙げられる。これらの患者では急性腎障害によりACE阻害薬とARBを中止した。また、COVID-19感染症患者におけるACE2とレニン-アンジオテンシン系(RAS)遮断の役割について、病態とともに考察した。

The renin-angiotensin system plays a very critical role in hypertension, diabetes, and kidney and heart diseases. The blockade of the renin-angiotensin system results in the prevention of progression of renal and cardiac damage. There have been controversial hypotheses raised regarding the safety of angiotensin-converting enzyme inhibitors and angiotensin receptor blockers in COVID-19 (coronavirus disease 2019). We present the case series of four patients (2 men and 2 women; 1 Caucasian and 3 African Americans; two survived and two died) with confirmed COVID-19, presenting with respiratory symptoms and acute kidney injury, who have been on angiotensin-converting enzyme inhibitors or angiotensin receptor blockers. Membrane-bound angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2) has been implicated as the gateway for viral entry into the human cell in causing the infection. The factors contributing to acute kidney injury are diuretics, iodinated contrast administration, hemodynamic instability apart from ACE inhibitors, and angiotensin receptor blockers. The ACE inhibitors and ARBs were stopped in these patients due to acute kidney injury. We also discussed the role of ACE2 and the renin-angiotensin system (RAS) blockade in patients with COVID-19 infection along with pathogenesis.

Copyright © 2020 Avantika Chenna et al.