会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

上顎臼歯部歯内療法手術における止血剤。ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)ストリップをエピネフリン含浸ガーゼの補助として使用した場合と塩化アルミニウムを使用した場合の無作為化比較パイロット試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Med Oral Patol Oral Cir Bucal.2020 Jul;23652. doi: 10.4317/medoral.23652.Epub 2020-07-19.

上顎臼歯部歯内療法手術における止血剤。ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)ストリップをエピネフリン含浸ガーゼの補助として使用した場合と塩化アルミニウムを使用した場合の無作為化比較パイロット試験

Hemostatic agents in endodontic surgery of maxillary molars: A randomized controlled pilot study of polytetrafluoroethylene (PTFE) strips as an adjunct to epinephrine impregnated gauze versus aluminum chloride.

  • D Peñarrocha-Oltra
  • D Soto-Peñaloza
  • M Peñarrocha-Diago
  • J Cervera-Ballester
  • G Cabanes-Gumbau
  • M Peñarrocha-Diago
PMID: 32683388 DOI: 10.4317/medoral.23652.

抄録

背景:

歯内療法手術において止血は非常に重要である。上顎臼歯部の出血管理に関する研究は少ない。本研究では、歯内療法手術における止血術の効果を2つの方法で比較した。

BACKGROUND: Hemostasis is of critical importance in endodontic surgery. Studies on bleeding control in maxillary molars are scarce. The present study compares the efficacy of two hemostatic techniques in controlling bleeding in endodontic surgery.

材料および方法:

上顎臼歯(第 1 臼歯および第 2 臼歯)の歯根周囲病変を有する患者 30 名を対象とした無作為化 2 群試験が実施され、以下の止血剤を使用しました:エピネフリン含浸ガーゼの補助としてポリテトラフルオロエチレン(PTFE)ストリップ(試験群、n = 15)および塩化アルミニウム(Expasyl™)(対照群、n = 15)。出血コントロールは、止血剤塗布前後に外科医と2人の盲検観察者によって独立して評価され、適切(完全な出血コントロール)または不十分(不完全な出血コントロール)のいずれかに分類された。

MATERIAL AND METHODS: A randomized two-arm pilot study involving 30 patients with peri-radicular lesions in maxillary molars (first and second molars) was carried out including the following hemostatic agents: polytetrafluoroethylene (PTFE) strips as an adjunct to epinephrine impregnated gauze (test group; n = 15) and aluminum chloride (Expasyl™) (control; n = 15). Bleeding control was independently assessed by the surgeon and by two blinded observers before and after application of the hemostatic agent, and was classified as either adequate (complete bleeding control) or inadequate (incomplete bleeding control).

結果:

出血抑制効果は両群で同等であった。単純な二値ロジスティック回帰分析では、出血コントロールに影響を与える変数を特定することができなかった。角化した粘膜バンドの高さ(2mm以上)のみが、不十分な出血コントロールのリスクを89%まで低下させることを示唆した(OR=0.11、p=0.06)。

RESULTS: Bleeding control was similar in both groups. Simple binary logistic regression analysis failed to identify variables affecting bleeding control. Only the height of the keratinized mucosal band (≥ 2 mm) suggested a decreased risk of inadequate bleeding control of up to 89% (OR=0.11; p=0.06).

結論:

上顎臼歯部の出血抑制効果は、エピネフリン含浸ガーゼの補助としてのPTFEストリップと塩化アルミニウムの間で差は認められなかった。

CONCLUSIONS: No difference in the efficacy of bleeding control was observed between PTFE strips as an adjunct to epinephrine impregnated gauze and aluminum chloride in maxillary molars.