会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

腰椎椎椎間板ヘルニアの治療における経皮的内視鏡的腰椎椎椎間板切除術と開放的腰椎微小椎間板切除術の転帰の比較:2年間のレトロスペクティブコホート研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Spine J.2020 Jul;S1529-9430(20)30960-8. doi: 10.1016/j.spinee.2020.07.005.Epub 2020-07-16.

腰椎椎椎間板ヘルニアの治療における経皮的内視鏡的腰椎椎椎間板切除術と開放的腰椎微小椎間板切除術の転帰の比較:2年間のレトロスペクティブコホート研究

A matched comparison of outcomes between percutaneous endoscopic lumbar discectomy and open lumbar microdiscectomy for the treatment of lumbar disc herniation: a two-year retrospective cohort study.

  • Meshal Jarebi
  • Aisha Awaf
  • Johann Peltier
  • Michel Lefranc
PMID: 32683107 DOI: 10.1016/j.spinee.2020.07.005.

抄録

背景の文脈:

開放腰椎微小椎間板切除術(OLMD)は椎間板切除術のゴールドスタンダードと考えられているが、近年の内視鏡的脊椎手術の進歩により、この適応では経皮的内視鏡的腰椎椎椎間板切除術(PELD)の人気が高まっている。しかし、PELDの主な欠点の1つは、特に外科医の学習曲線の開始時の不完全な減圧である。年齢、ヘルニアのレベル、ヘルニアの位置をマッチさせた患者におけるPELDとOLMDの機能的転帰は、これまでに比較されたことがありませんでした。

BACKGROUND CONTEXT: Although open lumbar microdiscectomy (OLMD) is considered to be the gold standard method for discectomy, recent progress in endoscopic spinal surgery has increased the popularity of percutaneous endoscopic lumbar discectomy (PELD) for this indication. However, one of the main drawbacks of PELD is incomplete decompression, especially at the start of the surgeon's learning curve. The functional outcomes of PELD and OLMD in patients matched for age, hernia level, and hernia location have not previously been compared.

目的:

臨床転帰と回復までの時間の観点からOLMDとPELDを比較すること。

PURPOSE: To compare OLMD with PELD in terms of the clinical outcome and the time to recovery.

研究デザイン:

レトロスペクティブ、マッチドコホート研究。

STUDY DESIGN: Retrospective, matched cohort study.

患者サンプル:

2015年1月から2017年6月までの間に選択的脊椎手術を受けた全患者のデータをローカルデータベースから抽出した。

PATIENT SAMPLE: Data of all patients who underwent elective spinal surgery between January 2015 and June 2017 were extracted from the local database.

成果測定:

臨床転帰は、腰痛(LBP)と下肢痛について、手術前、術後1日目、各フォローアップ訪問時(3、12、24ヶ月)に0~10の視覚アナログスケール(VAS)を用いて評価し、Oswestry Disability Index(ODI.ODI:0~100%)、入院期間、仕事再開までの期間、LDHの再発、手術の失敗、合併症 METHODS:参加者は年齢、椎間板のレベル、椎間板ヘルニアの位置(中心側と傍側と遠位側)で一致させた。対遠位側)で一致させた。)参加者の平均±SD年齢は47.09±12.55歳(範囲:28~70歳)であった。どちらの手技が即時的および長期的な機能的転帰がより優れているかを特定するために、両群間の様々な臨床転帰を比較した。死亡率と術後合併症の発生の違いも、PELD患者と対照群で比較した。

OUTCOME MEASURES: Clinical outcomes were assessed using a 0-to-10 visual analogue scale (VAS) for lower back pain (LBP) and leg pain were scored before surgery and at post-operative day 1 and at each follow-up visit (3, 12 and 24 months), the Oswestry Disability Index (ODI: 0% to 100%), the length of hospital stay, time to resumption of work, recurrence of LDH, procedure failures, and complications METHODS: The participants were matched for age, disc level, and location of the herniated disk (central and paracentral vs. far-lateral). The participants' mean ± SD age was 47.09 ± 12.55 (range: 28-70). We compared the various clinical outcomes between the two groups to identify which procedure had better immediate and long-term functional outcomes. The differences in mortality and occurrence of postoperative complications were also compared in patients with PELD vs. controls.

結果:

58名の患者が登録されました(PELD29名、OLMD29名)。両群とも術後LBPと下肢痛は有意に減少し(p<0.01)、術後24ヶ月のODIは改善したと報告された。術後1日目と3ヵ月目のLBPのVASの群間差は統計的に有意であった(それぞれ1.48 vs. 3.5、1.62 vs. 2.72、P=0.01、0.026)が、ODIの群間差は認められなかった。平均在院日数と仕事再開までの期間は、PELD群の方がOLMD群よりも有意に短かった(それぞれ2.55 vs. 3.21日、4.45 vs. 6.62週、P=0.037、0.01)。合併症、再発、手技の失敗に関しては、グループ間の有意差は認められなかった。

RESULTS: Fifty-eight patients were enrolled (29 with PELD and 29 with OLMD). Both groups reported significant reductions in LBP and leg pain (p<0.01) postoperatively and an improvement in the ODI at 24 months post-surgery. The intergroup difference in the VAS for LBP at 1-day and 3 months was statistically significant (1.48 vs. 3.5, and 1.62 vs. 2.72, respectively; P = 0.01 and 0.026 respectively) but the intergroup difference in the ODI was not. The mean length of hospital stay and the time to resumption of work were significantly shorter in the PELD group than in the OLMD group (2.55 vs. 3.21 days, and 4.45 vs. 6.62 weeks, respectively; P = 0.037 and 0.01, respectively. There were no significant intergroup differences in terms of complications, recurrence, or procedure failures.

結論:

PELDとOLMDの両方とも、同等の満足のいく結果を得ることができます。しかし、PELDでは、より迅速な回復や早期のLBPの低下など、いくつかの潜在的な利点が示されました。長期追跡を伴うさらなる大規模無作為化試験が必要とされています。

CONCLUSIONS: Both PELD and OLMD can provide equivalent, satisfactory outcomes. However, PELD demonstrated several potential advantages, including more rapid recovery and lower LBP early on. Further large-scale, randomized studies with long-term follow-up are now warranted.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.