会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

多発性硬化症患者におけるペントラキシンおよびプロ炎症性サイトカインに対する複合運動トレーニングの効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cytokine.2020 Jul;134:155196. S1043-4666(20)30212-X. doi: 10.1016/j.cyto.2020.155196.Epub 2020-07-16.

多発性硬化症患者におけるペントラキシンおよびプロ炎症性サイトカインに対する複合運動トレーニングの効果

Effect of combined exercise training on pentraxins and pro- inflammatory cytokines in people with multiple sclerosis as a function of disability status.

  • Mohammad Faramarzi
  • Ebrahim Banitalebi
  • Zahra Raisi
  • Masoumeh Samieyan
  • Zahra Saberi
  • Majid Mardaniyan Ghahfarrokhi
  • Raoof Negaresh
  • Robert W Motl
PMID: 32683106 DOI: 10.1016/j.cyto.2020.155196.

抄録

目的:

多発性硬化症(MS)患者のサイトカインに対する運動の有益な効果についてはいくつかのエビデンスがあるが、そのような効果が障害の状態(すなわち病期)によって異なるかどうかは不明である。本研究では、多発性硬化症患者のペントラキシンおよび炎症性サイトカインに対する複合運動トレーニングの効果を、障害状態の関数として検討した。

OBJECTIVES: There is some evidence for beneficial effects of exercise on cytokines in people with multiple sclerosis (MS), but it is unclear if such effects differ by disability status (i.e., stage of the disease). This study investigated the effect of combined exercise training on pentraxins and pro- inflammatory cytokines in people with multiple sclerosis as a function of disability status.

方法:

この無作為化対照試験には、運動またはコントロール条件に無作為に割り付けられた MS と 94 人の女性が含まれています低 (EDSS<4.5)、中等度 (4.5≤EDSS≤6)、または高 (EDSS≥6.5) の障害の拡張障害状況スケール (EDSS) スコアによって層別化された無作為化。運動プログラムは12週間実施され、レジスタンス、持久力、ピラティス、バランス、ストレッチなどのエクササイズが週に1日実施された。12週間の介入期間の前後で、炎症性因子、機能的能力、脂質プロファイルの安静時レベルを測定した。

METHODS: This randomized control trial included 94 women with MS who were randomly assigned into exercise or control conditions with randomization stratified by Expanded Disability Status Scale (EDSS) scores of low (EDSS < 4.5), moderate (4.5 ≤ EDSS ≤ 6), or high (EDSS ≥ 6.5) disability. The exercise program lasted 12 weeks and comprised resistance, endurance, Pilates, balance and stretch exercises performed? days/week; the control condition involved a waitlist control. We measured resting levels of inflammatory factors, functional capacity, and lipid profile before and after the 12-week intervention period.

結果:

複合運動トレーニングは,hs-CRP(p=0.029)とIL-6(p=0.001)を有意に減少させ,PTX-3(p=0.001)とIFN-ƴ(p=0.001)を増加させたが,コントロールと比較してFibrin D-dimer(FDD)(p=0.876)には有意な変化はなく,それらの効果は障害の状態とは無関係であった.ラットプルダウン、膝伸展、座位ローの1RMと6MWT(すなわち、さらに歩く)は対照と比較して有意に増加し、TUGパフォーマンスは有意に低下した(すなわち、パフォーマンスが速くなった)(いずれも、p<0.001)が、これも障害の状態とは無関係であった。

RESULTS: Combined exercise training significantly decreased hs-CRP (p = 0.029) and IL-6 (p = 0.001) and increased PTX-3 (p = 0.001) and IFN-ƴ (p = 0.001), but there was no significant change in Fibrin D-dimer (FDD) (p = 0.876) compared with control, and those effects were independent of disability status. 1RM for lat pull-down, knee extension, and seated row and 6MWT (i.e., walking further) significantly increased and TUG performance significantly decreased (i.e., faster performance) (all, p < 0.001) after combined exercise compared with control, and this too was independent of disability status.

結論:

運動は MS の抗炎症作用を刺激する可能性があり、これは一般的に障害の状態には影響されません。運動訓練は、MS患者における疾患修飾療法の補助療法となる可能性があり、そのような効果は障害の状態によっては緩和されない可能性がある。

CONCLUSIONS: Exercise may stimulate anti-inflammatory effects in MS, and this is generally not influenced by disability status. Exercise training may be an adjuvant for disease-modifying therapy among people with MS, and such effects might not be moderated by disability status.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.