会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

視覚障害のある女性における乳がんのマンモグラフィ検診の減少 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ophthalmology.2020 Jul;S0161-6420(20)30693-X. doi: 10.1016/j.ophtha.2020.07.029.Epub 2020-07-16.

視覚障害のある女性における乳がんのマンモグラフィ検診の減少

Reduction in Mammography Screening for Breast Cancer Among Visually Impaired Women.

  • Annie M Wu
  • Alan R Morse
  • William H Seiple
  • Nidhi Talwar
  • Sean O Hansen
  • Paul P Lee
  • Joshua D Stein
PMID: 32682837 DOI: 10.1016/j.ophtha.2020.07.029.

抄録

目的:

米国予防サービスタスクフォース(USPSTF)の勧告に従って乳がんのスクリーニングのためのマンモグラムをタイムリーに受けることは、罹患率と死亡率を大幅に減少させることができる。この研究の目的は,視覚障害のある女性とない女性で,マンモグラフィによるスクリーニングを受ける確率が類似しているかどうかを評価することである.

PURPOSE: Timely receipt of mammograms to screen for breast cancer in accordance with the United States Preventive Services Task Force (USPSTF) recommendations can substantially reduce morbidity and mortality. The purpose of this study is to assess whether odds of receiving screening mammograms are similar for women with and without visual impairment.

デザイン:

レトロスペクティブ縦断的コホート研究。

DESIGN: Retrospective longitudinal cohort study.

参加者:

2008年1月1日から2015年12月31日までに有料サービスのメディケアに登録された65~72歳の女性1044人を対象とした。

PARTICIPANTS: 1044 females, 65-72 years of age, enrolled in fee-for-service Medicare from January 1, 2008 to December 31, 2015.

方法:

年齢、人種、メディケアに加入している時間、居住地の都市性、および全身の健康状態に基づいて、視力低下なし(NVL)、部分視力低下(PVL)、および重度の視力低下(SVL)の患者を1:1:1:1でマッチングさせた。乳がんの既往歴のある女性は除外した。多変量条件付きロジスティック回帰モデルを用いて、3群間で2年間の追跡期間内にマンモグラフィ検査を受けるオッズを比較した。

METHODS: We matched patients with no vision loss (NVL), partial vision loss (PVL), and severe vision loss (SVL) 1:1:1 based on age, race, time in Medicare, urbanicity of residence, and overall health. Women with pre-existing breast cancer were excluded. Multivariable conditional logistic regression modeling compared the odds of receiving screening mammography within a 2-year follow-up period among the 3 groups.

主な測定結果:

マンモグラフィを受けた割合と、群間の追跡期間2年以内にマンモグラフィを受けた調整オッズ比(OR)。

MAIN OUTCOMES MEASURES: Proportion receiving mammography and adjusted odds ratios (OR) of receiving mammography within 2 years of follow-up among the groups.

結果:

合計 1044 人の患者をマッチさせた(各群 348 人)。指標日の平均±SD 年齢は、3 群とも 69.0±1.5 歳であった。2年間の追跡期間内に1回以上のマンモグラフィを受けた女性の割合は、NVL群で69.0%(n=240)、PVL群で56.9%(n=198)、SVL群で56.0%(n=195)であった(p=0.0005)。5年間(3年間のルックバック+2年間のフォローアップ期間)における患者1人当たりの平均±SDのマンモグラフィ受診数は、NVL群で3.1±2.0、PVL群で2.5±2.0、SVL群で2.3±2.1であった(p<0.0001)。SVL群の女性はNVL群に比べ、フォローアップ期間中にマンモグラフィを受けるオッズが42%減少し(OR=0.58;95%CI:0.37-0.90、p=0.01)、PVL群はNVL群に比べ、フォローアップ期間中にマンモグラフィを受けるオッズが44%減少し(OR=0.56;CI:0.36-0.87、p=0.009)、PVL群はNVL群に比べ、マンモグラフィを受けるオッズが44%減少し(OR=0.56;CI:0.36-0.87、p=0.009)、PVL群はNVL群に比べ、マンモグラフィを受けるオッズが44%減少した。

RESULTS: A total of 1044 patients were matched (348 in each group). The mean ± SD age at the index date was 69.0 ± 1.5 years for all 3 groups. The proportion of women receiving ≥ 1 mammogram within the 2-year follow-up period was 69.0% (n=240), 56.9% (n=198), and 56.0% (n=195) for the NVL, PVL and SVL groups, respectively (p=0.0005). The mean ± SD number of mammograms received per patient during the 5-year period (3-year look-back plus 2-year follow-up period) was 3.1 ± 2.0, 2.5 ± 2.0, and 2.3 ± 2.1 for the NVL, PVL and SVL groups, respectively (p<0.0001). Women with SVL had 42% decreased odds (OR=0.58; 95% CI: 0.37-0.90, p=0.01), and those with PVL had 44% decreased odds (OR=0.56; CI:0.36-0.87, p=0.009) of receiving mammography during the follow-up period compared to those with NVL.

結論:

視覚障害のある女性は、視覚障害のない女性に比べて乳がんのスクリーニングのためにマンモグラフィを受ける可能性が有意に低かった。臨床医は、USPSTFが推奨するように、視覚障害のある患者がマンモグラフィやその他の予防的なスクリーニングを確実に受けることができるように支援する方法を探すべきである。

CONCLUSIONS: Women with visual impairment were significantly less likely to receive mammography to screen for breast cancer than their non-visually-impaired counterparts. Clinicians should look for ways to help ensure that patients with visual impairment receive mammograms and other preventive screenings as recommended by the USPSTF.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.