会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

進行胃がん患者における第一選択療法としてのS-1+ロイコボリンおよびオキサリプラチンとS-1+シスプラチンの併用療法(SOLAR):無作為化、非盲検、第3相試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Lancet Oncol..2020 Jul;S1470-2045(20)30315-6. doi: 10.1016/S1470-2045(20)30315-6.Epub 2020-07-16.

進行胃がん患者における第一選択療法としてのS-1+ロイコボリンおよびオキサリプラチンとS-1+シスプラチンの併用療法(SOLAR):無作為化、非盲検、第3相試験

S-1 plus leucovorin and oxaliplatin versus S-1 plus cisplatin as first-line therapy in patients with advanced gastric cancer (SOLAR): a randomised, open-label, phase 3 trial.

  • Yoon-Koo Kang
  • Keisho Chin
  • Hyun Cheol Chung
  • Shigenori Kadowaki
  • Sang Cheul Oh
  • Norisuke Nakayama
  • Keun-Wook Lee
  • Hiroki Hara
  • Ik-Joo Chung
  • Masahiro Tsuda
  • Se Hoon Park
  • Hisashi Hosaka
  • Shuichi Hironaka
  • Yoshinori Miyata
  • Min-Hee Ryu
  • Hideo Baba
  • Ichinosuke Hyodo
  • Yung-Jue Bang
  • Narikazu Boku
PMID: 32682457 DOI: 10.1016/S1470-2045(20)30315-6.

抄録

背景:

S-1+ロイコボリンおよびオキサリプラチンは、進行性胃がんに対する有効性を示した第2相無作為化試験。我々は、進行胃がん患者を対象に、経口TAS-118(S-1+ロイコボリン)とオキサリプラチンの有効性と安全性を、S-1+シスプラチンと比較して評価することを目的としました。

BACKGROUND: S-1 plus leucovorin and oxaliplatin showed promising efficacy for treatment of advanced gastric cancer in a randomised phase 2 study. We aimed to evaluate the efficacy and safety of oral TAS-118 (S-1 plus leucovorin) and oxaliplatin versus S-1 plus cisplatin in patients with advanced gastric cancer.

方法:

本試験は、日本と韓国の 62 施設を対象に、無作為化、非盲検、第 3 相試験を実施した。20 歳以上の組織学的に確認された進行性胃癌で、HER2 が陰性または不明、Eastern Cooperative Oncology Group のパフォーマンスステータスが 0 または 1、測定可能または評価可能な転移病変の有無、前治療歴のない患者を、ミニマム化法を用いたインタラクティブなウェブ応答システムを介して無作為に割り付けた(1.1:1)を、最小化法を用いた対話型ウェブ応答システムを用いて、パフォーマンスステータス、測定可能な病変の有無、国によって層別化し、TAS-118(S-1 40-60mgとロイコボリン25mgを1日2回経口7日間)とオキサリプラチン(1日目に85mg/mを静脈内投与)を2週間ごとに投与する群と、S-1(40-60mgを1日2回経口投与)を21日間投与する群とシスプラチン(1日目または8日目に60mg/mを静脈内投与)を5週間ごとに投与する群に無作為に割り付けられた。主要評価項目は、測定可能または評価可能な転移病変を有する進行性胃癌で、本試験薬を投与された患者の全生存期間とした。安全性は、本試験薬を投与されたすべての患者さんで評価されました。本試験は ClinicalTrials.gov, NCT02322593 に登録されました。

METHODS: We did a randomised, open-label, phase 3 trial in 62 centres across Japan and South Korea. Patients aged 20 years or older, with a histologically confirmed advanced gastric cancer with negative or unknown HER2 status, with Eastern Cooperative Oncology Group performance status of 0 or 1, measurable or evaluable metastatic lesions, and no previous treatment were randomly assigned (1:1) via an interactive web response system using the minimisation method, stratified by performance status, presence of a measurable lesion, and country, to receive TAS-118 (S-1 40-60 mg and leucovorin 25 mg orally twice daily for 7 days) plus oxaliplatin (85 mg/m intravenously on day 1) every 2 weeks, or S-1 (40-60 mg orally twice daily) for 21 days plus cisplatin (60 mg/m intravenously on day 1 or 8) every 5 weeks. The primary endpoint was overall survival in patients who had advanced gastric cancer with measurable or evaluable metastatic lesions and who received the study drug. Safety was assessed in all patients who received the study drug. This study was registered at ClinicalTrials.gov, NCT02322593.

結果:

2015年1月28日から2016年12月5日までの間に、711人の患者がTAS-118+オキサリプラチン(n=356)またはS-1+シスプラチン(n=355)に無作為に割り付けられた。11名の未治療患者と19名の不適格患者は、独立データモニタリング委員会の勧告に従い、一次解析から除外された(TAS-118+オキサリプラチン群n=347、S-1+シスプラチン群n=334)。追跡期間中央値26-0カ月(IQR 22-0-32-8)の後、全生存期間中央値は16-0カ月(95%CI 13-8-18-)であった。3)、TAS-118+オキサリプラチン群で15-1ヵ月(95%CI 13-6-16-4)、S-1+シスプラチン群で15-1ヵ月(95%CI 13-6-16-4)であった(ハザード比0-83、95%CI 0-69-0-99、p=0-039)。TAS-118+オキサリプラチン群352例とS-1+シスプラチン群348例で最も多かったグレード3以上の有害事象は、貧血(56[16%]対64[18%])、好中球減少(54[15%]対88[25%])、食欲減退(53[15%]対46[13%])、下痢(33[9%]対15[4%])、末梢性感覚神経障害(30[9%]対1[<<>)であった。1%]).重篤な有害事象は、TAS-118+オキサリプラチン群352例中155例(44%)、S-1+シスプラチン群348例中159例(46%)に認められた。TAS-118+オキサリプラチン群では、2名の治療関連死が発生しました(肺結核とウイルス性肺炎)。

FINDINGS: Between Jan 28, 2015, and Dec 5, 2016, 711 patients were randomised to TAS-118 plus oxaliplatin (n=356) or S-1 plus cisplatin (n=355). 11 untreated patients and 19 ineligible patients were excluded from the primary analysis (TAS-118 plus oxaliplatin group n=347, S-1 plus cisplatin group n=334) following recommendation from the independent data monitoring committee. After median follow-up of 26·0 months (IQR 22·0-32·8), median overall survival was 16·0 months (95% CI 13·8-18·3) in the TAS-118 plus oxaliplatin group and 15·1 months (95% CI 13·6-16·4) in the S-1 plus cisplatin group (hazard ratio 0·83, 95% CI 0·69-0·99; p=0·039). The most common grade 3 or higher adverse events in the 352 patients in the TAS-118 plus oxaliplatin group and the 348 patients in the S-1 plus cisplatin group were anaemia (56 [16%] vs 64 [18%]), neutropenia (54 [15%] vs 88 [25%]), decreased appetite (53 [15%] vs 46 [13%]), diarrhoea (33 [9%] vs 15 [4%]), and peripheral sensory neuropathy (30 [9%] vs one [<1%]). Serious adverse events were observed in 155 (44%) of 352 patients in the TAS-118 plus oxaliplatin group and 159 (46%) of 348 patients in the S-1 plus cisplatin group. Two treatment-related deaths occurred in the TAS-118 plus oxaliplatin group (pulmonary tuberculosis and viral pneumonia).

インタープリテーション:

TAS-118+オキサリプラチンは、S-1+シスプラチンと比較して臨床的に有意な有効性の改善を示し、アジアの進行胃がん患者さんにおける新たなファーストライン治療の選択肢となる可能性があります。

INTERPRETATION: TAS-118 plus oxaliplatin showed a clinically meaningful improvement in efficacy compared with S-1 plus cisplatin, and could be considered a new first-line treatment option for advanced gastric cancer in Asian patients.

資金提供:

大鵬薬品とヤクルト本社。

FUNDING: Taiho Pharmaceutical and Yakult Honsha.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.