会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

軍人男性の身体能力と蛋白尿の単回測定との関連性:CHIEF研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Nephrol.2020 Jul;21(1):287. 10.1186/s12882-020-01948-w. doi: 10.1186/s12882-020-01948-w.Epub 2020-07-18.

軍人男性の身体能力と蛋白尿の単回測定との関連性:CHIEF研究

Association of Single Measurement of dipstick proteinuria with physical performance of military males: the CHIEF study.

  • Chia-Hao Fan
  • Ssu-Chin Lin
  • Kun-Zhe Tsai
  • Tsung-Jui Wu
  • Yen-Po Lin
  • Yu-Kai Lin
  • Shao-Chi Lu
  • Chih-Lu Han
  • Gen-Min Lin
PMID: 32682415 DOI: 10.1186/s12882-020-01948-w.

抄録

背景:

腎臓損傷のマーカーである蛋白尿は、骨格筋の減少と関連している可能性がある。蛋白尿の重症度が身体能力と関連しているかどうかは不明である。

BACKGROUND: Proteinuria, a marker of kidney injury, may be related to skeletal muscle loss. Whether the severity of proteinuria is associated with physical performance is unclear.

方法:

台湾の軍隊における心肺体力と入院イベント(CHIEF)調査から、慢性腎臓病を持たない軍人若年男性3357人を対象に、蛋白尿の重症度と身体能力との関連を横断的に検討した。蛋白尿のグレードは、8時間の断食後の朝に採取した1回の点滴式尿検査により、軽度(0、±、1+)、中等度(2+)、重度(3+、4+)に分類した。有酸素性身体能力は3000m走の時間で評価し、嫌気性身体能力は2分間の腹筋運動と2分間の腕立て伏せの回数で評価した。関係を決定するために重回帰線形回帰を用いた。

METHODS: We examined the association of proteinuria severity with physical performance cross-sectionally in 3357 military young males, free of chronic kidney disease, from the cardiorespiratory fitness and hospitalization events in armed Forces (CHIEF) study in Taiwan. The grades of proteinuria were classified according to one dipstick urinalysis which were collected at morning after an 8-h fast as unremarkable (0, +/-, and 1+), moderate (2+) and severe (3+ and 4+). Aerobic physical performance was evaluated by time for a 3000-m run and anaerobic physical performance was evaluated by numbers of 2-min sit-ups and 2-min push-ups, separately. Multiple linear regressions were used to determine the relationship.

結果:

中等度および重度の蛋白尿は、無症状の蛋白尿と比較して、3000m走行時間と用量依存的に相関していた(β.4.74(95%信頼区間(CI):-0.55, 10.02)および7.63(95%CI:3.21, 12.05)、および2分間の腕立て伏せの回数(β=-1.13(-1.97, -0.29)および-1.00(-1.71, -0.28)とそれぞれ反比例した相関があった。28)、それぞれ年齢、サービスの専門性、体格指数、血圧、アルコール摂取量、喫煙、空腹時血漿グルコース、血中尿素窒素、血清クレアチニン、および身体活動を調整した。しかし、蛋白尿の重症度と2分間の腹筋運動との関連は認められなかった。

RESULTS: As compared with unremarkable proteinuria, moderate and severe proteinuria were dose-dependently correlated with 3000-m running time (β: 4.74 (95% confidence intervals (CI): - 0.55, 10.02) and 7.63 (95% CI: 3.21, 12.05), respectively), and inversely with numbers of 2-min push-ups (β = - 1.13 (- 1.97, - 0.29), and - 1.00 (- 1.71, - 0.28), respectively) with adjustments for age, service specialty, body mass index, blood pressure, alcohol intake, smoking, fasting plasma glucose, blood urea nitrogen, serum creatinine and physical activity. However, there was no association between proteinuria severity and 2-min sit-ups.

結論:

我々の所見は、軍の健康な男性の有酸素運動パフォーマンスと無酸素運動パフォーマンスの一部との関係を示している。このメカニズムは完全には解明されておらず、さらなる調査が必要である。

CONCLUSIONS: Our findings show a relationship of dipstick proteinuria with aerobic physical performance and parts of anaerobic physical performance in military healthy males. This mechanism is not fully understood and requires further investigations.