会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

乳がんのバイオマーカープロファイルに及ぼすネオアジュバント療法の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Cancer.2020 Jul;20(1):675. 10.1186/s12885-020-07179-4. doi: 10.1186/s12885-020-07179-4.Epub 2020-07-18.

乳がんのバイオマーカープロファイルに及ぼすネオアジュバント療法の影響

Effect of neoadjuvant therapy on breast cancer biomarker profile.

  • Laura Rey-Vargas
  • Juan Carlos Mejía-Henao
  • María Carolina Sanabria-Salas
  • Silvia J Serrano-Gomez
PMID: 32682413 DOI: 10.1186/s12885-020-07179-4.

抄録

背景:

乳がんの臨床管理では、ホルモン受容体(エストロゲン(ER)、プロゲステロン受容体(PR))、ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)、細胞増殖指数Ki67を免疫組織化学(IHC)で評価し、腫瘍生物学に応じた治療法を選択・指導することが求められています。多くの研究では、ネオアジュバント治療(NAT)後のバイオマーカープロファイルの変化について、相反する結果が報告されています。私たちは、疾患管理への臨床的な意味合いを考慮して、NAT治療を受けた乳がん患者と受けていない乳がん患者のペアコア・ニードル生検と手術サンプルにおけるER、PR、HER2、Ki67の発現の変化を解析することを目的としました。

BACKGROUND: Breast cancer clinical management requires the assessment of hormone receptors (estrogen (ER) and progesterone receptor (PR)), human epidermal growth factor receptor 2 (HER2) and cellular proliferation index Ki67, by immunohistochemistry (IHC), in order to choose and guide therapy according to tumor biology. Many studies have reported contradictory results regarding changes in the biomarker profile after neoadjuvant therapy (NAT). Given its clinical implications for the disease management, we aimed to analyze changes in ER, PR, HER2, and Ki67 expression in paired core-needle biopsies and surgical samples in breast cancer patients that had either been treated or not with NAT.

方法:

コロンビア国立がん研究所の浸潤性乳管癌と確定診断された139例を対象とした。バイオマーカープロファイルの変動を、NAT投与(NATおよびNATなしの治療例)およびNATスキーム(ホルモン療法、細胞毒性、細胞毒性+トラスツズマブ、併用)に応じて評価した。カイ二乗検定およびWilcoxon signed-rank検定を用いて、それぞれ対応する群におけるバイオマーカーの状態および発現率の変化を同定した。

METHODS: We included 139 patients with confirmed diagnosis of invasive ductal breast carcinoma from the Colombian National Cancer Institute. Variation in biomarker profile were assessed according to NAT administration (NAT and no-NAT treated cases) and NAT scheme (hormonal, cytotoxic, cytotoxic + trastuzumab, combined). Chi-squared and Wilcoxon signed-rank test were used to identify changes in biomarker status and percentage expression, respectively, in the corresponding groups.

結果:

NATを投与しなかった群では、バイオマーカーの状態や発現値に有意な変化は認められなかった。以前にNATで治療した症例では、Ki67(p<0.001)およびPR(p=0.02605)発現の統計学的に有意な減少が見られた。また、NATスキームで変化を評価したところ、細胞障害性治療を受けた症例では、Ki67の状態(p=0.02977)とその発現値(p<0.001)の両方に有意な減少が認められた。

RESULTS: We did not find any significant variations in biomarker status or expression values in the no-NAT group. In cases previously treated with NAT, we did find a statistically significant decrease in Ki67 (p < 0.001) and PR (p = 0.02605) expression. When changes were evaluated according to NAT scheme, we found a significant decrease in both Ki67 status (p = 0.02977) and its expression values (p < 0.001) in cases that received the cytotoxic treatment.

結論:

我々の結果は、PRとKi67の発現がNAT投与によって変化する可能性があることを示唆しているが、NAT治療を受けていない症例ではIHCバイオマーカープロファイルの変化は見られなかった。NAT後にこれら2つのバイオマーカーを再評価することで、乳がん患者の治療効果や予後に関する貴重な情報が得られる可能性がある。

CONCLUSIONS: Our results suggest that PR and Ki67 expression can be altered by NAT administration, whereas cases not previously treated with NAT do not present IHC biomarker profile variations. The re-evaluation of these two biomarkers after NAT could provide valuable information regarding treatment response and prognosis for breast cancer patients.