会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

FluConvert と IniFlu:リスクが高まる新興インフルエンザウイルスの新規シグネチャを同定するための統合ソフトウェア群 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Bioinformatics.2020 Jul;21(1):316. 10.1186/s12859-020-03650-y. doi: 10.1186/s12859-020-03650-y.Epub 2020-07-18.

FluConvert と IniFlu:リスクが高まる新興インフルエンザウイルスの新規シグネチャを同定するための統合ソフトウェア群

FluConvert and IniFlu: a suite of integrated software to identify novel signatures of emerging influenza viruses with increasing risk.

  • Chin-Rur Yang
  • Chwan-Chuen King
  • Li-Yu Daisy Liu
  • Chia-Chi Ku
PMID: 32682392 PMCID: PMC7368604. DOI: 10.1186/s12859-020-03650-y.

抄録

背景:

インフルエンザのパンデミックの脅威は、世界中で大きな注目を集めています。公衆衛生の意思決定者を支援するために、より良いリスク評価のために、パブリックドメインのデータベースから検索されたウイルス情報を迅速に処理し、組み合わせるための新しいツール群が必要とされています。

BACKGROUND: The pandemic threat of influenza has attracted great attention worldwide. To assist public health decision-makers, new suites of tools are needed to rapidly process and combine viral information retrieved from public-domain databases for a better risk assessment.

結果:

最近開発した FluConvert と IniFlu ソフトウェアを使用して、標準的なウイルス命名法による配列データを自動的に処理して再配列し、グループに関連するコンセンサス配列を決定し、グループ固有の多遺伝子シグネチャを同定しました。このソフトウェアは、ウイルスデータ、臨床データ、疫学データを統合する強力な能力を持っています。我々は、HA遺伝子の切断部位に存在する複数の塩基性アミノ酸と、2009年から2016年の間に世界的な高病原性鳥インフルエンザH5N2ウイルスに存在する少なくとも11種類のウイルス性アミノ酸置換が、ウイルスの病原性とヒト感染に関連していることを実証した。

RESULTS: Using our recently developed FluConvert and IniFlu software, we automatically processed and rearranged sequence data by standard viral nomenclature, determined the group-related consensus sequences, and identified group-specific polygenic signatures. The software possesses powerful ability to integrate viral, clinical, and epidemiological data. We demonstrated that both multiple basic amino acids at the cleavage site of the HA gene and also at least 11 more evidence-based viral amino acid substitutions present in global highly pathogenic avian influenza H5N2 viruses during the years 2009-2016 that are associated with viral virulence and human infection.

結論:

FluConvert と IniFlu は,パンデミックの可能性のあるインフルエンザウイルスのすべてのサブタイプのモニタリングと評価に有用です.これらのプログラムはコマンドラインとユーザーフレンドリーなグラフィカルインターフェースで実装されており、ウイルス学的、疫学的、臨床的に意義のある分子シグネチャーを同定します。FluConvert と IniFlu は https://apps.flutures.com または https://github.com/chinrur/FluConvert_IniFlu から入手できます。

CONCLUSIONS: FluConvert and IniFlu are useful to monitor and assess all subtypes of influenza viruses with pandemic potential. These programs are implemented through command-line and user-friendly graphical interfaces, and identify molecular signatures with virological, epidemiological and clinical significance. FluConvert and IniFlu are available at https://apps.flutures.com or https://github.com/chinrur/FluConvert_IniFlu.