会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Lactobacillus helveticus NS8の妊娠前摂取は、思春期のSprague Dawleyの子孫に抗不安作用をもたらします | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Brain Behav.2020 Jul;:e01714. doi: 10.1002/brb3.1714.Epub 2020-07-17.

Lactobacillus helveticus NS8の妊娠前摂取は、思春期のSprague Dawleyの子孫に抗不安作用をもたらします

Pre-Gestational intake of Lactobacillus helveticus NS8 has anxiolytic effects in adolescent Sprague Dawley offspring.

  • Yunxia Niu
  • Shan Liang
  • Tao Wang
  • Xu Hu
  • Wei Li
  • Xiaoli Wu
  • Feng Jin
PMID: 32681606 DOI: 10.1002/brb3.1714.

抄録

序論:

思春期は不安障害の感受性が高まる時期である。プロバイオティクスの補充は不安の軽減にプラスの影響を与えた。母体のマイクロバイオームは、子供の健康の成果と子孫のマイクロバイオームの確立に重要な役割を果たしています。いくつかの研究では、子孫の不安に妊娠中のプロバイオティクスの補充の影響を調査しています。

INTRODUCTION: Adolescence is a period of heightened susceptibility to anxiety disorders. Probiotic supplementation had a positive impact on reducing anxiety. The maternal microbiome plays an important role in child health outcomes and in the establishment of the offspring microbiome. Few studies have investigated the impact of gestational probiotic supplementation on the offspring's anxiety.

方法:

本研究では、出生前のLactobacillus helveticus NS8(LAC)の摂取がSprague Dawleyラットの子孫の不安様行動に与える影響を調べた。本研究で試験した行動には、高架プラス迷路(EPM)、オープンフィールドテスト(OFT)、プレパルス抑制(PPI)が含まれる。分散分析を利用した。

METHODS: The present study examined the impact of prenatal Lactobacillus helveticus NS8 supplementation (LAC) on Sprague Dawley rat offspring's anxiety-like behavior. The behaviors tested in the present study include the elevated plus maze (EPM), the open field test (OFT), and prepulse inhibition (PPI). Analyses of variance were utilized.

結果:

(a) EPMにおけるLAC思春期ラットのパフォーマンスは、LACが思春期の子孫ラットと性差のない抗不安効果を引き起こしたことを反映している両方の、OFTにおけるそれに類似していた; (b) LACはPPIのパフォーマンスを変更せず、PPIの性差と年齢差を変更しませんでした;とc. LACはラットの子孫の体重を減少させました。

RESULTS: (a) The performance of LAC adolescent rats in the EPM was similar to that in the OFT, both of which reflect that LAC caused an antianxiety effect in adolescent offspring rats and the antianxiety effect without sex differences; (b) LAC did not change performance in PPI and did not change the sex and age differences in PPI; and c. LAC decreased the body mass of rat offspring.

結論:

妊娠中のラクトバチルスhelveticus NS8のサプリメントは、男性と女性(特に思春期)の両方で中程度の不安効果を持っている可能性があり、過剰なボディマスを避けるために有用である。

CONCLUSION: Lactobacillus helveticus NS8 supplementation during gestation might have a moderate antianxiety effect in both males and females (especially adolescents) and be helpful for avoiding excessive body mass.

© 2020 The Authors. Brain and Behavior published by Wiley Periodicals LLC.