会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

臨床現場での脳卒中血栓摘出術後の患者報告された健康関連QOL | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neurology.2020 Jul;10.1212/WNL.0000000000010356. doi: 10.1212/WNL.0000000000010356.Epub 2020-07-17.

臨床現場での脳卒中血栓摘出術後の患者報告された健康関連QOL

Patient-reported health-related quality of life after stroke thrombectomy in clinical practice.

  • Milani Deb-Chatterji
  • Alexander Konnopka
  • Fabian Flottmann
  • Hannes Leischner
  • Jens Fiehler
  • Christian Gerloff
  • Götz Thomalla
PMID: 32680947 DOI: 10.1212/WNL.0000000000010356.

抄録

目的:

臨床現場での脳卒中血栓摘出術後の患者報告による健康関連QOL(HRQoL)を明らかにし、より良いHRQoLの予測因子を特定するために、大規模な大学の脳卒中センターで治療を受けた504人の連続した患者のデータを分析した。

OBJECTIVE: To determine patient-reported health-related quality of life (HRQoL) after stroke thrombectomy in clinical practice, and to identify predictors of better HRQoL, we analyzed data of 504 consecutive patients treated in a large university stroke center.

方法:

血栓摘出術で治療を受けた全脳卒中患者(2015年6月~2018年10月)を本観察研究にプロスペクティブに登録した。90日目に機能的転帰をmRSで、患者報告のHRQoLを5つの健康ドメインからなるEuroQol Group 5 Dimension(EQ-5D)自己報告質問票で評価した。EQ-5Dの有用性指数(EQ-5D-I;-0.594~1.00、高い値はHRQoLが良好であることを示す)を算出した。線形回帰分析を用いて、より良いHRQoL(EQ-5D-Iが高い)の予測因子を同定した。

METHODS: All stroke patients treated by thrombectomy (June 2015-October 2018) were prospectively enrolled in this observational study. At 90 days, functional outcome was assessed by the mRS, and patient-reported HRQoL by the EuroQol Group 5 Dimension (EQ-5D) Self-report Questionnaire, consisting of five health domains. The EQ-5D utility index (EQ-5D-I; -0.594 to 1.00 with higher values indicating better HRQoL) was calculated. Linear regression analysis was applied to identify predictors of better HRQoL (higher EQ-5D-I).

結果:

504人(年齢中央値76歳、女性51.8%)の患者のうち、EQ-5D-Iの平均値は0.39(SD 0.44)であった。脳卒中生存者の各領域における不満を報告した割合は、「通常の活動」が66%であったのに対し、「移動」が57%、「セルフケア」が50.4%、「痛み・不快感」が41.7%、「不安・抑うつ」が40.8%と減少した。年齢が低いこと、脳卒中前のmRSが低いこと、ベースラインのNIHSSが低いこと、ASPECTスコアが高いこと、血栓溶解療法を併用していること、再灌流が成功していることは、HRQoL改善の独立した予測因子であった。

RESULTS: Of 504 patients (median age 76 years, 51.8% female), the mean EQ-5D-I was 0.39 (SD 0.44). The proportion of stroke survivors who reported complaints in the different domains decreased from 66% in Usual Activities, to 57% in Mobility, 50.4% in Selfcare, 41.7% in Pain/Discomfort and 40.8% Anxiety/Depression. A lower age, a lower pre-stroke mRS, a lower baseline NIHSS, and a higher ASPECT score, concomitant thrombolysis therapy, and a successful recanalization were independent predictors of better HRQoL.

結論:

患者が報告したHRQoLは、mRSよりも脳卒中の転帰をより包括的に評価することができる。脳卒中血栓摘出術後のHRQoLでは、運動機能に関連する健康領域が最も多くの苦情を示したが、多くの患者では異なる健康領域で苦情を報告していなかった。HRQoL改善の予測因子は、他の血栓摘出術研究におけるmRSで測定された機能的転帰の改善予測因子と密接に一致していた。

CONCLUSIONS: Patient-reported HRQoL provides a more comprehensive assessment of stroke outcome than the mRS. Health domains involving motor function showed most frequently complaints in HRQoL after stroke thrombectomy, while a large proportion of patients did not report any complaints across the different health domains. Predictors of better HRQoL closely match the predictors of better functional outcome measured by the mRS in other thrombectomy studies.

© 2020 American Academy of Neurology.