会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

がん患者における緩和ケア対ホスピスケア:システマティックレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMJ Support Palliat Care.2020 Jul;bmjspcare-2020-002195. doi: 10.1136/bmjspcare-2020-002195.Epub 2020-07-17.

がん患者における緩和ケア対ホスピスケア:システマティックレビュー

Palliative versus hospice care in patients with cancer: a systematic review.

  • Matthieu Frasca
  • Angeline Galvin
  • Chantal Raherison
  • Pierre Soubeyran
  • Benoît Burucoa
  • Carine Bellera
  • Simone Mathoulin-Pelissier
PMID: 32680891 DOI: 10.1136/bmjspcare-2020-002195.

抄録

背景:

ガイドラインでは、がん患者のために専門的な緩和医療サービスへの早期アクセスを推奨しているが、研究では継続的な利用不足が報告されている。緩和ケア施設は抗悪性腫瘍治療と並行して早期のケアを提供しているが、ホスピスのケア構造は、がんを修飾する治療が中止されたときに介入している。

BACKGROUND: Guidelines recommend an early access to specialised palliative medicine services for patients with cancer, but studies have reported a continued underuse. Palliative care facilities deliver early care, alongside antineoplastic treatments, whereas hospice care structures intervene lately, when cancer-modifying treatments stop.

エイム:

このレビューでは、研究された構造の種類(緩和ケアとホスピスケア)を考慮して、専門サービスの早期および後期介入に関連する因子を特定した。

AIM: This review identified factors associated with early and late interventions of specialised services, by considering the type of structures studied (palliative vs hospice care).

デザイン:

PROSPERO(ID: CRD42018110063)にプロスペクティブに登録されているシステマティックレビューを実施した。

DESIGN: We performed a systematic review, prospectively registered on PROSPERO (ID: CRD42018110063).

データソース:

MedlineとScopusデータベースを検索し、集団ベースの研究を探した。2人の独立した査読者がデータを抽出し、Joanna Briggs Instituteの批判的評価チェックリストを用いて研究の質を評価した。

DATA SOURCES: We searched Medline and Scopus databases for population-based studies. Two independent reviewers extracted the data and assessed the study quality using Joanna Briggs Institute critical appraisal checklists.

結果:

51の論文が67の解析を行った。ほとんどの論文はレトロスペクティブなコホート研究と米国の集団に基づいていた。質のスコアの中央値はコホート研究で19/22、横断的研究で15/16であった。ほとんどの解析はホスピスケアに焦点を当てていた(n=37)。高齢の患者、男性、血液学的がん患者、小規模なセンターで治療を受けている患者では、専門的な介入が少なかった。緩和ケア施設とホスピス施設は異なる集団に対応していた。高齢の患者では緩和ケアは少なかったが、ホスピスケアは多かった。高病期の腫瘍の患者では緩和ケアが多く、女性や併存疾患の負担が少ない患者ではホスピスケアが多かった。

RESULTS: The 51 included articles performed 67 analyses. Most were based on retrospective cohorts and US populations. The median quality scores were 19/22 for cohorts and 15/16 for cross-sectional studies. Most analyses focused on hospice care (n=37). Older patients, men, people with haematological cancer or treated in small centres had less specialised interventions. Palliative and hospice facilities addressed different populations. Older patients received less palliative care but more hospice care. Patients with high-stage tumours had more palliative care while women and patients with a low comorbidity burden received more hospice care.

結論:

主な格差は、高齢患者、男性、血液がん患者であった。我々は、高齢患者に対する早期介入の課題と、男性および共存性の高い患者に対する遅産の課題を強調した。米国人以外の集団、外来患者、生活の質と社会経済的地位に関連する因子に関する追加データが必要である。

CONCLUSION: Main disparities concerned older patients, men and people with haematological cancer. We highlighted the challenges of early interventions for older patients and of late deliveries for men and highly comorbid patients. Additional data on non-American populations, outpatients and factors related to quality of life and socioeconomic status are needed.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.