会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ベバシズマブは化学療法誘発性脾臓機能亢進症の管理における部分的な脾臓塞栓術の有効性に影響を与えない | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Colorectal Cancer.2020 Jun;S1533-0028(20)30065-7. doi: 10.1016/j.clcc.2020.04.007.Epub 2020-06-12.

ベバシズマブは化学療法誘発性脾臓機能亢進症の管理における部分的な脾臓塞栓術の有効性に影響を与えない

Bevacizumab Does Not Influence the Efficacy of Partial Splenic Embolization in the Management of Chemotherapy-Induced Hypersplenism.

  • Alexandre A Jácome
  • Aki Ohinata
  • Armeen Mahvash
  • Michael J Overman
  • Bryan Kee
  • David Fogelman
  • Van K Morris
  • Benny Johnson
  • Nicole D Rothschild
  • Robert A Wolff
  • Cathy Eng
PMID: 32680816 DOI: 10.1016/j.clcc.2020.04.007.

抄録

背景:

抗血管系薬剤は化学療法に関連した肝毒性と門脈圧亢進症を減衰させる。化学療法誘発性脾臓機能亢進症(CIH)の管理における部分的脾臓塞栓術(PSE)の有効性と安全性に対するベバシズマブの潜在的な影響についてはこれまで検討されたことがない。

BACKGROUND: Antiangiogenics attenuate chemotherapy-related hepatotoxicity and portal hypertension. The potential impact of bevacizumab on the efficacy and safety of partial splenic embolization (PSE) in the management of chemotherapy-induced hypersplenism (CIH) has never been investigated.

患者と方法:

我々は,脾臓機能亢進症に起因する血小板減少症の治療のためにPSEを受けた消化器癌患者を対象にレトロスペクティブな研究を行った。PSE の前後の血小板数(PC)、全身療法を再開した患者の割合、合併症の発生率をベバシズマブ投与を受けた患者と受けていない患者で比較した。

PATIENTS AND METHODS: We conducted a retrospective study with gastrointestinal cancer patients who have undergone PSE for the treatment of thrombocytopenia resulting from hypersplenism. Pre- and post-PSE platelet count (PC), the percentage of patients who resumed systemic therapy, and complication rates were compared between patients exposed and not exposed to bevacizumab.

結果:

合計110人の患者が対象となった。大腸がんが主な新生物であり(60%)、5-フルオロウラシル、オキサリプラチン、ベバシズマブが最も多く提供された薬剤であった(それぞれ70%、65%、65%)。PSE後、80%の患者がPC≧100×10/L(100K)を回復した。全身療法は81%の患者で再開された。ベバシズマブを投与された71人の患者のPC中央値は、PSE前77.5K、PSE後167.0Kであり、平均差は108Kであった(P<0.0001)。ベバシズマブに曝露されていない39人の患者のPSE前のPC中央値は73.0K、PSE後のPC中央値は187.0Kで、平均差は117.7Kであった(P< .0001)。両群とも、PSE後PC≧100Kの患者の割合(83%対74%;P=0.463)、全身療法の再開(85%対74%;P=0.213)、合併症の発生率は同程度の値であった。脾梗塞率とPCの増加との間には線形の関連が認められた(P<.0001)。

RESULTS: A total of 110 patients were eligible. Colorectal cancer was the predominant neoplasm (60%), and 5-fluorouracil, oxaliplatin, and bevacizumab were the most commonly provided drugs (70%, 65%, and 65% of patients, respectively). After PSE, 80% of patients recovered PC ≥ 100 × 10/L (100K). Systemic therapy was resumed in 81% of patients. Seventy-one patients exposed to bevacizumab had a median PC before PSE of 77.5K and after PSE of 167.0K, with a mean difference of 108K (P < .0001). Thirty-nine patients not exposed to bevacizumab had a median PC of pre-PSE of 73.0K and post-PSE of 187.0K, with a mean difference of 117.7K (P < .0001). Both groups had similar values of percentages of patients with PC post-PSE ≥ 100K (83% vs. 74%; P = .463), resumption of systemic therapy (85% vs. 74%; P = .213), and complication rates. A linear association between splenic infarction rate and increment in PC was found (P < .0001).

結論:

PSEはベバシズマブの投与にかかわらず、CIHの管理において安全で効果的な処置である。脾梗塞率は患者の転帰を高めるために最適化されるべきである。

CONCLUSION: PSE is a safe and effective procedure in the management of CIH, regardless of the provision of bevacizumab. Splenic infarction rate should be optimized to enhance patient outcomes.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.