会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Ad5 ベクター化 HIV ワクチン接種者における粘膜 T 細胞の長期的な活性化とホーミング表現型 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Vaccine.2020 Jul;S0264-410X(20)30829-X. doi: 10.1016/j.vaccine.2020.06.043.Epub 2020-07-14.

Ad5 ベクター化 HIV ワクチン接種者における粘膜 T 細胞の長期的な活性化とホーミング表現型

Long-term mucosal T cell activation and homing phenotypes in recipients of an Ad5-vectored HIV vaccine.

  • Marcel E Curlin
  • Jason Shao
  • Gabriela Diaz
  • Paul T Edlefsen
  • Richard M Novak
  • Kenneth H Mayer
  • Mary Allen
  • Cecilia Morgan
  • Janine Maenza
  • Susan Buchbinder
  • Michael C Keefer
  • Stephen C De Rosa
  • Lawrence Corey
  • Ann Duerr
PMID: 32680773 DOI: 10.1016/j.vaccine.2020.06.043.

抄録

背景:

ワクチン誘発性粘膜免疫応答は HIV 感染に対する防御に重要であるが、ワクチンベクター抗原に対するベースラインの血清反応性を持つ人など、一部の人の感染に対する感受性を高める短期的または長期的な変化をもたらす可能性がある。プラセボまたはステップ試験ワクチン MRKAd5/HIV-1 のワクチン接種から約 2 年後の血液および腸粘膜組織における細胞性免疫応答を調べた。

BACKGROUND: Vaccine-induced mucosal immune responses may be critical for protection against HIV infection, but may also result in short or long-term changes that enhance susceptibility to infection in some individuals, such as those with baseline seroreactivity to vaccine vector antigens. We examined cellular immune responses in blood and gut mucosal tissue roughly two years following vaccination with placebo or the Step study vaccine MRKAd5/HIV-1.

方法:

HVTN 071 および HVTN 502/Merck 023 に参加している間にプラセボまたは MRKAd5/HIV-1 ワクチンを接種した参加者は、約 6 ヶ月間の間隔をおいた 2 回のタイミングで、柔軟性のあるシグモドスコピーを介して瀉血および大腸粘膜生検を受けた。単核細胞を分離した後、ワクチン接種者とプラセボ接種者の細胞表現型と細胞内サイトカイン反応を、Ad5に対するベースラインの血清学的反応性の有無で比較した。

METHODS: Participants vaccinated with either placebo or MRKAd5/HIV-1 during participation in HVTN 071, and HVTN 502/Merck 023 underwent phlebotomy and colonic mucosal biopsies via flexible sigmoidoscopy at two timepoints roughly six months apart. After isolation of mononuclear cells, we compared cellular phenotypes and intracellular cytokine responses in vaccine and placebo recipients with and without baseline serological reactivity to Ad5.

結果:

活性化マーカーおよび腸内ホーミングマーカーの表面発現は、PBMCと比較してCD4+およびCD8+腸粘膜単核細胞(GMMC)で上昇していた(p<0.01)が、ベースラインのAd5血清状態またはMRKAd5/HIV-1の投与によって有意な影響を受けなかった。ワクチン抗原での刺激に対するICS反応は低頻度で大きかった。Ad5ベクター反応はワクチン接種者とベースラインの血清陽性者に認められた。ベクター抗原に対する CD4+反応は PBMC よりも GMMC の方が多く(p<0.01)、HIV 轡挿入抗原に対する CD8+反応は Ad5 血清陰性者よりも Ad5 血清陽性者の方が多かった(p=0.03)。

RESULTS: Surface expression of activation and gut-homing markers were elevated on CD4 + and CD8 + gut mucosal mononuclear cells (GMMC) in comparison with PBMC (p < 0.01), but were not significantly affected by baseline Ad5 serostatus or receipt of MRKAd5/HIV-1. ICS responses to stimulation with vaccine antigens were of low frequency and magnitude. Ad5 vector responses were seen in vaccinees and baseline seropositive individuals. CD4 + responses to vector antigens were more common in GMMC than PBMC (p < 0.01) and CD8 + responses to HIV gag insert antigens were more frequent in Ad5 seropositive than Ad5 seronegative individuals (p = 0.03).

結論:

Ad5 ベクター化候補 HIV ワクチン MRKAd5/HIV-1 のワクチン接種は、ベースラインの Ad5 血清状態にかかわらず、粘膜 CD4+または CD8+T リンパ球の活性化状態に長期的な変化をもたらさない。本研究の所見からは、ワクチン接種後 2 年後の HIV 感染に対する感受性の向上の根拠は明らかにされていない。

CONCLUSION: Vaccination with the Ad5 vectored candidate HIV vaccine MRKAd5/HIV-1 does not lead to long-term changes in the activation state of mucosal CD4 + or CD8 + T lymphocytes regardless of baseline Ad5 serostatus. The findings of this study do not reveal a basis for enhanced susceptibility to HIV infection two years post vaccination.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.