会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

胸腔鏡下肺切除術から開放型肺切除術への転換は,短期または長期の死亡率とは関連していない | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Surgery.2020 Jul;S0039-6060(20)30355-X. doi: 10.1016/j.surg.2020.05.042.Epub 2020-07-14.

胸腔鏡下肺切除術から開放型肺切除術への転換は,短期または長期の死亡率とは関連していない

Conversion from thoracoscopic to open pneumonectomy is not associated with short- or long-term mortality.

  • Jonathan J Hue
  • Philip A Linden
  • Katelynn C Bachman
  • Stephanie G Worrell
  • Kelsey E Gray
  • Christopher W Towe
PMID: 32680746 DOI: 10.1016/j.surg.2020.05.042.

抄録

背景:

胸腔鏡下肺切除術は一般的に胸腔鏡下肺切除術への転換を必要とする。我々は、胸腔鏡下で行う手術に比べて、転換することで短期的および長期的な転帰が悪くなるという仮説を立てている。

BACKGROUND: Thoracoscopic pneumonectomy commonly requires conversion to thoracotomy. We hypothesize that conversion would lead to worse short- and long-term outcomes compared with operations completed thoracoscopically.

方法:

National Cancer Databaseでは、2010年から2016年までに肺切除術を受けた患者を同定した。転座の傾向を線形回帰を用いて記述した。転座に関連する因子の多変量回帰を行った。短期アウトカムには、在院期間、リンパ節摘出数、マージンの状態、再入院、90日死亡率が含まれた。長期転帰は全生存として評価した。

METHODS: The National Cancer Database identified patients who underwent a pneumonectomy from 2010 to 2016. Trends in conversion were described using linear regression. Multivariable regression of factors associated with conversion was performed. Short-term outcomes included duration of stay, number of lymph nodes harvested, margin status, readmission, and 90-day mortality. Long-term outcome was evaluated as overall survival.

結果:

合計8,037人の患者が肺切除術を受けた。胸腔鏡下肺切除術の未遂率は11%から22%に増加し(P < 0.001)、転換率は39%から33%に減少した(P= 0.011)。多変量解析では、患者の併存率指数が高いことと病理学的結節期2病変が転院率の増加と関連していた。平均リンパ節評価数は転換群の方が滞在期間も長かったが、開胸手術への転換は、手術マージン、再入院率、90日死亡率、または生存率とは関連していなかった。

RESULTS: A total of 8,037 patients underwent a pneumonectomy. The rate of attempted thoracoscopic pneumonectomies increased from 11% to 22% (P < .001) and the rate of conversion decreased from 39% to 33% (P = .011). On multivariable analysis, a greater patient comorbidity index and pathologic nodal-stage 2 disease were associated with an increased rate of conversion. The mean number of lymph nodes evaluated was greater as was the duration of stay in the conversion group, but conversion to open thoracotomy was not associated with positive surgical margins, readmission rate, 90-day mortality, or survival.

結論:

胸腔鏡下肺切除術は頻度が増加し、転換率は低下している。転座はより長い在院期間と関連しているが、その他の短期および長期の転帰は同様である。この観察から、低侵襲性肺切除術から開放性肺切除術への転換における害は最小限であることが示唆される。

CONCLUSION: Thoracoscopic pneumonectomy is performed with increasing frequency and decreasing conversion rate. Conversion is associated with a greater duration of stay but other short- and long-term outcomes are similar. This observation suggests minimal harm in conversion from minimally invasive to open pneumonectomy.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.