国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

マイクロデブライダーを用いた手術とラジオ波を用いた下胸部縮小手術の成績:介入無作為化研究のシステマティックレビューとメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rhinology.2020 Jul;2549. doi: 10.4193/Rhin19.350.Epub 2020-07-17.

マイクロデブライダーを用いた手術とラジオ波を用いた下胸部縮小手術の成績:介入無作為化研究のシステマティックレビューとメタアナリシス

Outcomes of microdebrider-assisted versus radiofrequency-assisted inferior turbinate reduction surgery: a systematic review and meta-analysis of interventional randomised studies.

  • A A Mirza
  • T A Alandejani
  • H Y Shawli
  • M S Alsamel
  • M O Albakrei
  • H M Abdulazeem
PMID: 32679584 DOI: 10.4193/Rhin19.350.

抄録

背景:

マイクロデブライダー手技は,下鼻甲骨肥大に起因する鼻閉塞の治療成績を改善するために臨床現場に導入された.我々はこの技術の有効性を、高周波支援法と比較して評価するために、システマティックレビューを実施した。

BACKGROUND: The microdebrider technique was introduced in clinical practice to provide a better outcome in nasal obstruction caused by inferior turbinate hypertrophy. We conducted this systematic review to evaluate the effectiveness of this technique, by comparison with the radiofrequency-assisted modality.

方法論:

PubMed、Embase、Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL)データベースを検索し、2019年11月以前に発表された関連するランダム化試験を検索した。成人患者における2つの手技の違いを研究した英語の無作為化試験は、今回のレビューの対象とした。データの抽出と研究の包含はPRISMAガイドラインに従った。アウトカム指標は、鼻閉塞に対するビジュアル・アナログ・スケール(VAS、0~10)、前能動的鼻孔測定法、音響的鼻孔測定法とした。各測定結果について、2つの手法間の差を定量化するためにメタアナリシスが実施されました。

METHODOLOGY: PubMed, Embase and the Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) databases were searched to retrieve relevant randomised studies published prior to November 2019. Randomised Trials in English that studied the difference between the two techniques among adult patients were eligible for the current review. Data extraction and study inclusion were guided by PRISMA guidelines. The outcome measures were visual analogue scale (VAS, 0-10) for nasal obstruction, anterior active rhinomanometry, and acoustic rhinometry. A meta-analysis was carried out to quantify the difference between the two techni- ques, for each measured outcome.

結果:

このメタアナリシスでは、7つの無作為化試験が含まれ、定量的に分析されました。分析の結果、マイクロデブライダーを用いた技術の方が、術後早期と後期の追跡調査で鼻閉塞スコアのVAS (0-10)が有意に良好であることが明らかになりました。追跡初期の客観的測定(鼻腔内圧測定と音響的鼻腔内圧測定)では差は認められなかったが、マイクロデブライダーを用いた手技は長期追跡では前方能動的鼻腔内圧測定で証明されたように、優れた結果を示した。

RESULTS: Seven randomised trials were included and quantitatively analysed in this meta-analysis. Our analysis revealed that the microdebrider-assisted technique demonstrated significantly better VAS (0-10) for nasal obstruction scores in early and late posto- perative follow-up. Whilst no difference was noted using the objective measurements (rhinomanometry and acoustic rhinometry) at early follow-up, microdebrider-assisted technique showed superior results in long-term follow-up, as evidenced using anterior active rhinomanometry.

結論:

マイクロデブライダーを用いた手技は、特にラジオ波を併用した場合、長期の追跡調査でより良い結果が得られた。

CONCLUSIONS: The microdebrider-assisted technique results in a better outcome, particularly in long-term follow-up, when compa- red with radiofrequency.