国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

死後7テスラMRIによる白質肥大の検出.画像と組織学的相関関係のボクセル単位での集学的比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neuroimage Clin.2020 Jul;27:102340. S2213-1582(20)30177-7. doi: 10.1016/j.nicl.2020.102340.Epub 2020-07-06.

死後7テスラMRIによる白質肥大の検出.画像と組織学的相関関係のボクセル単位での集学的比較

Post-mortem 7 Tesla MRI detection of white matter hyperintensities: A multidisciplinary voxel-wise comparison of imaging and histological correlates.

  • Austyn D Roseborough
  • Kristopher D Langdon
  • Robert Hammond
  • Lauren E Cipriano
  • Stephen H Pasternak
  • Shawn N Whitehead
  • Ali R Khan
PMID: 32679554 DOI: 10.1016/j.nicl.2020.102340.

抄録

白質高輝度(WMH)は、正常な老化や神経変性の診断カテゴリーを超えて発生します。超高磁場イメージング(UHF)MRI装置は、WMHの理解を向上させる可能性を秘めている。UHF磁気共鳴画像法(MRI)を用いた死後の画像診断はWMHの評価に有用な方法であるが、白質内の病理学的変化に対するUHF-MRIの応答性は特徴づけられていない。本研究では、正常加齢、アルツハイマー病、脳血管疾患における白質高輝度の死後MRIシーケンスを報告する。7テスラの死後MRIでは、FLAIRとT2の両方のシーケンスを用いて脳室周囲WMHを確実に検出し、長時間の固定にもかかわらず、ミエリンと軸索密度の基礎病理を反映していることがわかった。組織学的画像をMRIに共登録することで、画像所見と病理学的変化を直接ボクセル単位で比較することができた。線形混合モデルによって明らかになったMRI白質強度の予測因子としては、ミエリン含量と脳血管病理が最も有意であった。WMH内の細胞特異的変化の研究におけるUHF-MRIの有用性を調査するためには、無線病理学的相関関係をよりよく理解する必要がある。

White matter hyperintensities (WMH) occur in normal aging and across diagnostic categories of neurodegeneration. Ultra-high field imaging (UHF) MRI machines offer the potential to improve our understanding of WMH. Post-mortem imaging using UHF magnetic resonance imaging (MRI) is a useful way of assessing WMH, however, the responsiveness of UHF-MRI to pathological changes within the white matter has not been characterized. In this study we report post-mortem MRI sequences of white matter hyperintensities in normal aging, Alzheimer's disease, and cerebrovascular disease. Seven Tesla post-mortem MRI reliably detected periventricular WMH using both FLAIR and T2 sequences and reflects underlying pathology of myelin and axon density despite prolonged fixation time. Co-registration of histological images to MRI allowed for direct voxel- wise comparison of imaging findings and pathological changes. Myelin content and cerebrovascular pathology were the most significant predictors of MRI white matter intensity as revealed by linear mixed models. Future work investigating the utility of UHF- MRI in studying cell-specific changes within WMH is required to better understand radio-pathologic correlations.

Copyright © 2020 The Authors. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.