国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

重症患者を対象とした2つの虚弱性識別ツールの比較。多施設前向きコホート研究のポストホック分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Crit Care.2020 Jul;59:143-148. S0883-9441(20)30593-1. doi: 10.1016/j.jcrc.2020.06.007.Epub 2020-07-01.

重症患者を対象とした2つの虚弱性識別ツールの比較。多施設前向きコホート研究のポストホック分析

Comparison of two frailty identification tools for critically ill patients: A post-hoc analysis of a multicenter prospective cohort study.

  • Leandro Utino Taniguchi
  • Quazi Ibrahim
  • Luciano Cesar Pontes de Azevedo
  • Henry T Stelfox
  • Sean M Bagshaw
PMID: 32679466 DOI: 10.1016/j.jcrc.2020.06.007.

抄録

目的:

我々は、2つのフレイルティスクリーニングツール、検証済みのClinical Frailty Scale(CFS)スコアと、重症患者における最近報告されたmodified Frailty Index(mFI)の関連を記述することを目的とした。

PURPOSE: We aimed to describe the association of two frailty screening tools, the validated Clinical Frailty Scale (CFS) score and the recently described modified Frailty Index (mFI) in critically ill patients.

材料および方法:

我々は、2010年から2011年の間にカナダの6つの集中治療室(ICU)に入院した患者の多施設コホートを対象に、ポストホック分析を行った。CFSとmFIを使用して、虚弱性のスクリーニングを行った。これらのツール間の一致性、および調整後の臨床転帰の識別能力と予測能力が評価された。

MATERIALS AND METHODS: We performed a post-hoc analysis of a multicenter cohort of patients admitted to six Canadian Intensive Care Units (ICU) between 2010 and 2011. Frailty was screened using the CFS and the mFI. Concordance between these tools was evaluated, as well as discrimination and predictive ability for clinical outcomes after adjustments.

結果:

コホートには421名の患者が含まれていた。虚弱性の有病率は、CFSで32.8%、mFIで39.2%であった。しかし、2つのツール間の一致度は低かった[(クラス内相関0.37;95%信頼区間[CI] 0.29-0.45)、部分的なスピアマン順位相関0.38(95%CI 0.29-0.47)]。病院死亡率および1年死亡率,退院後の依存度および病院再入院率は,両方のツールを使用してスクリーニングされたフレイル患者の方が非フレイル患者に比べて高かった.

RESULTS: The cohort included 421 patients. Prevalence of frailty was 32.8% with the CFS and 39.2% with the mFI. However, concordance between the two tools was low [(intraclass correlation of 0.37; 95% confidence interval [CI] 0.29-0.45) and partial Spearman rank correlation of 0.38 (95% CI 0.29-0.47)]. Hospital and 1-year mortality, as well as dependency after discharge and hospital readmission, were greater for frail compared to non-frail patients screened with the use of both tools.

結論:

CFSとmFIは低い一致性を示したが、どちらも病院死亡率に対する良好な識別性と予測妥当性を示した。どちらのツールも、臨床転帰がより悪い虚弱患者のサブグループを識別している。

CONCLUSION: While the CFS and mFI showed low concordance, both showed good discrimination and predictive validity for hospital mortality. Both tools identify a subgroup of frail patients more likely to have worse clinical outcomes.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.